新潮文庫<br> 海辺のカフカ〈下〉

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
海辺のカフカ〈下〉

  • 村上 春樹【著】
  • 価格 ¥935(本体¥850)
  • 新潮社(2005/03発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに82冊在庫がございます。(2021年11月28日 05時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 528p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101001555
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女―。一方、猫と交流ができる老人ナカタさんも、ホシノ青年に助けられながら旅を続ける。“入り口の石”を見つけだし、世界と世界が結びあわされるはずの場所を探すために。謎のキーワードが二人を導く闇の世界に出口はあるのか?海外でも高い評価を受ける傑作長篇小説。

この商品が入っている本棚

1 ~ 6件/全6件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

804
ともかく物語は終結したが、いくつかの新たな謎は残されたままだ。なぜ父は2度までも殺されなければならなかったのか、がその最たるものだろう。だが、そもそも、この小説でも繰り返し問われているように、死や生の意味が不可解である以上、それはそのままでもいいのかも知れない。複線的に語られる主人公達がとうとう直接の交点を結ばない構成もいい。ナカタさんとホシノ青年は、他では見られない秀逸な存在だ。「猫の言いなりになって昼寝をする」には、思わず笑いつつも深く共感した。第48章「諸君、焚き火の時間だ」で終わってもよかった。2012/09/01

HIRO1970

530
⭐️⭐️⭐️この後に書かれた本は別として、今まで私が読んだ村上さんの作品30冊の中では一番良い作品だと言い切れる名作だと思います。最近の傾向として陰鬱で残酷なシーンも一部ありますが、これは人間誰もが保持している二面性の現れなのだと思っています。即ち強力な善が存在すればそれに釣り合うだけの悪が均衡を保つ為に必要なのではないかと思えてしまうわけです。確実に進化していく村上さんの作品からますます目が離せません。登場人物も段々と増えてきているような気がするのはただの気のせいでしょうか?2014/06/11

遥かなる想い

460
本書は海外で評価が高いらしいが、少し不満の残る終わり方になった。15歳と50歳の佐伯さんが母であり、さくらが姉であり、20歳で人生が終わった佐伯さんのその人生を少しは 書き込んで欲しかった。ある意味、村上春樹ワールドを楽しませてくれたがこのペースだと 飽きがくるのがやや残念。2011/02/06

tokko

373
久しぶりに読んだ。村上春樹の小説の中で一番好きだ。静かなのにとても雄弁な印象を受ける。ナカタさんが星野君の腰の骨を治す場面は、何度読んでも笑ってしまうのだけれど、僕だけかな?2010/10/06

zero1

243
【無】は増えるのか?開けた入口は閉じなければならない。高松にたどり着いたナカタと星野コンビ。長い眠りにカーネルや兵士など、いろんな解釈が可能。悪く言えば投げっぱなし。カフカの父を殺したのは誰?読まずに焼き捨てる長文に何の意味がある?カフカの呪いは解け、自分を取り戻すことができたのか?大切なのはすぐに出す答えではなく、求め考え続けること。もしあなたが父親と溝ができているのなら。両者が生きているうちに和解しよう。村上自身がそうだったように。何度読んでも、この作品世界はどっぷりと浸れる。人はどこへ向かう?2020/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580050

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。