新潮文庫<br> 海辺のカフカ〈上〉

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
海辺のカフカ〈上〉

  • 村上 春樹【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 新潮社(2005/03発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに155冊在庫がございます。(2021年11月28日 05時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 486p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101001548
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」―15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真…。

著者等紹介

村上春樹[ムラカミハルキ]
1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。’79年、『風の歌を聴け』でデビュー、群像新人文学賞受賞。主著に『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞受賞)、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 8件/全8件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

747
カフカに向けられた父の呪い「父を殺し、母と姉と交わる」は、当然オイディプスへの神託のバリエーションに他ならない。では、佐伯さんは、はたしてカフカの母なのか。そして、カフカは15歳の佐伯さんと交わるのだろうか。また、大島さんはカフカの姉なのか。上巻を終わったところでは、まだまだ謎だらけだ。それまでは接点のなかったナカタさんも、今や高松に向かっている。カフカとナカタさんという、イノセントな2人の交点には何が生じるのか。時間も空間も小説世界の中では単純なそれではない。スフィンクスの謎を解くべく一気に下巻へ。2012/08/31

遥かなる想い

520
なぜか久しぶりの村上春樹の本を読みたくり、購入した。いつもの村上ワールドである。主人公の田村カフカは15歳で家出をして、四国の図書館に移り住む。田村カフカを軸にしたストーリーともうひとつのストーリーがクロスしながら進んでいく…というパターンは他作品と同じ。恋人を学生運動で惨殺された佐伯さんの立ち位置が上巻ではまだよくわからない。2011/02/05

HIRO1970

512
⭐️⭐️⭐️この長編すごくイイですね。無茶苦茶面白いと言えるレベルだと思います。パラレル的な過去の時空間とのつながりだけではなくて、次元自体も重なりあっていて多次元の世界すら見え隠れしています。主人公の年齢が15歳というのもかなりの意欲的な試みと思えました。引き続き下巻が楽しみです。2014/06/09

tokko

370
死ぬまでたくさんの「決まり」に従って無抵抗な「猫」を切り殺す。無慈悲な殺猫鬼のように描かれているジョニー・ウォーカーだが、果たして自分に「ジョニー・ウォーカー」的な部分が無いと言い切れるだろうか?もし無自覚的にジョニー・ウォーカーになっているのだとすれば、それは大島さんの言う「うつろな連中」と同じであるような気がする。そういう意味では「ナカタさんストーリー」では16章、「田村カフカくんストーリー」では19章が印象深い。2011/10/13

めろんラブ 

284
村上作品にはいつも感性のベクトルと感度を試される。それは厄介な代物で、チューニングが合わないと「・・・解らない。無念」と涙を呑むことに。さて、本作はどうか。薄く靄がかかったように先が見えない。道筋が分からない。一体どこへ連れて行こうとしているのかと、少なからぬ不安に包まれる。しかし、その不安は実は大いなる信頼の上にある。それは、扱うモチーフに村上氏の覚悟をみたから。悲劇の深淵を覗かせてくれるのか、あるいは反転した世界を見せてくれるのか。下巻への期待が高まる。2013/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580049

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。