新潮文庫<br> ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (改版)

個数:
電子版価格
¥737
  • 電書あり

新潮文庫
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月19日 00時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101001418
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

僕とクミコの家から猫が消え、世界は闇にのみ込まれてゆく。―長い年代記の始まり。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

661
この作品は、かなりの長編になる覚悟を持って執筆され始めたのだろう。第1巻を終わったところでは、依然として構想の全体が見渡せないし、当然のことながら着地点の予想も全くつかない。加納マルタと本田元伍長には、特殊な能力という共通点はあるものの、本田はここで消えて行きそうだ。第1巻だけに限って言うなら、村上春樹がもっとも語りたかったものは、間宮中尉のハルハ河での回想に極まるだろう。それは実に凄まじい話であり、強烈なリアリティを伴って、深い印象を読者である我々に残す。第2巻で、トオルはどこに向かうのだろうか。2012/08/09

zero1

419
【死んでこそ 浮かぶ瀬もあれ ノモンハン】すべては電話から始まった。30歳の岡田は法律事務所を退職し自由な生活。行方不明の猫を探しに行き、笠原メイと出会う。そこには井戸が。妻クミコとその兄、綿谷ノボル。謎の加納姉妹。そして本田の戦友、間宮が語るノモンハンの凄惨な描写。叔父が経営するバーの話は春樹の経験?「国境の南、太陽の西」にも通じる。久々の再読だが、春樹の世界に引き込まれた。いくらでも読んでいられそうだ。朝日新聞による平成のベスト30で第10位。コロンと遺品は伏線なのか?第二部へ続く。やれやれ。2019/05/03

遥かなる想い

400
村上春樹という著名な作家について、なぜか私はあまり読んでいない。巨人が嫌いで阪神が 好きという人格にも関連があるのかもしれない。本書では綿谷昇が存在感を発している。ノモンハン事件を題材にしているらしいが、戦争の凶暴な暴力を巧みに描ききっている。2010/04/28

HIRO1970

330
⭐️⭐️⭐️村上さんの94年の作品です。ちょうど20年前ですが、古さは全く感じません。村上さん独特の摩訶不思議な時空間を堪能出来て久々にワクワクする長編です。それにしても村上ワールドでは心の隙や時空間の隙間に潜む危うさを驚くべき自然さで表現してくれます。凄いパワーですね。第2部が楽しみです。2014/05/11

パトラッシュ

291
本書が舞台化されることになり、チケットが取れたので再読した。約20年ぶりなので事実上の初読だが、村上さんは本質的にファンタジー作家だなと改めて思った。三島由紀夫や大江健三郎に比べればごく平易な文章で三島や大江なら描きそうにない非現実的な世界を創り上げる。「僕」と妻の平凡ならざる夫婦関係にいきなり残酷な戦争が入り込み、つかみどころのない世界が展開される。以前やはり舞台になった「海辺のカフカ」は何とか芝居として成立していたが、物語の展開に不可欠な山本の拷問死の場面などどうするのか。第2部以降も読んで考えたい。2019/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/575486
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。