ビッグコミックススペシャル BIG SUPERIOR COM<br> 劇光仮面 〈1〉

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ビッグコミックススペシャル BIG SUPERIOR COM
劇光仮面 〈1〉

  • ウェブストアに741冊在庫がございます。(2022年07月02日 01時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 280p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784098613632
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

これは星をつなぐ者たちの物語である。

僕は何者でもない。僕は器に過ぎない。――それこそが僕の強さだ。

そんな想いを胸に秘め、29歳の青年、実相寺二矢はアルバイトで日々を暮らす。

舞台は「現代」、テーマは「特撮」、主人公は“何者にもあらず”!?!?

『シグルイ』『覚悟のススメ』の鬼才、完全新境地の最新作!
我々は山口貴由の本当の才能をまだ知らなかった。



【編集担当からのおすすめ情報】
「原稿を納めた後、久しぶりに熱が出て一日横になっていました。
週刊誌連載の頃の懐かしい疲れを感じ時間が巻き戻ったような気がしました。

昨日、深夜のコンビニで劇光仮面が載ったスペリオールとアイスを買って帰宅する時、この作品に賭けると覚悟を決めました。

全然、興味や知識のないジャンルであっても、それについて熱を持って語り合っている人がいると、不思議と耳を傾けてしまうことがあると思うし、何かが伝わると思っているので、劇光仮面はそこに一縷の望みを託してプレゼンしていこうと思います。
----山口貴由」
(*小学館ビッグコミックスペリオール連載第1話、掲載誌発売後のコメントより)
山口貴由氏、渾身の最新作、ぜひお試し下さい!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

23
かなり、面白い。何が?と問われると少し困る。特撮をモチーフに大学時代の青春、歳を重ねた現在の状況を交差させつつ物語られる、仮面のヒーロー。伏龍が出てきたときは、おおっと感じつつ、そこに美を感じる主人公に共感してしまう部分もあった。確かな漫画力で活写される人々。現実と空想。不穏なワードも残しつつ、どのような方向性に舵をとっていくのか気になる作品。2022/06/02

のれん

14
この作者は鬼気迫る作風が魅力。強靭な肉体を描いているのに耽美があると言えば良いのだろうか。 登場する特撮は分かりやすい元ネタがあり、かの戦争に対する狂気やメッセージを伝える。そこまでなら良くあるテーマだが、今作はさらに一歩踏み込んで、善性の恐怖を描く。 何物にもなれない不適合者は透き通った自己犠牲でしか、社会に関われないとしたら。伏龍のように、イカれた世界でしか英雄になれないとしたら。愚かで哀れで屈強な姿に悲しみながら憧れる。とても儚げな英雄譚だ。後ろ暗さを肯定する作者の集大成。三島由紀夫を思い出す。2022/06/05

澤水月

14
物凄い作品が始まった! 主人公の名が「実相寺ニ矢(おとや)」て所から気合い溢れてる。いまの日本で現実にある事件・事案と大学の元特撮サークル員、そして先の大戦と詰め込みまくり。30目前の今、青春期、大戦時に実在した悲劇と戦後日本…。若先生思い切った移籍、しかと見届けたい。「バンドでも芸人でも売れたら尖った発言できない」てひと言が刺さった…2022/06/03

コリエル

10
わりと後書きで言いたいこと全部言ってる気がする。仮面に託されたメッセージと、ぽっかりと空洞のあいた男が揃った時、ヒーローは励起される。主人公実相寺は劇光服を再び纏わずにはいられないだろう。その時、かつて志を同じくした仲間たちがどのようなリアクションをしていくのか。当分はそんな感じで話が進むのかな。2022/06/03

ぷほは

9
前作を急に終わらしたのは未だに納得いってないが、正直今作の読後はそれを凌駕するインパクト。シン・ウルトラマンやMCUだけではないのだ、現代のヒーロー物語を描けるのは!若先生がいらっしゃるのだ!現実への敗北を宿命付けられていることは何の障害にもならない。なぜなら自己の空虚さ=零度の内面にこそ、最も美しく輝く鎧が映えるのだから。エグゾスカルの続編であることをテーマに基礎づけ、シグルイや怨身忍者たちの「まつろわぬ民」としてのマイノリティ性がオタク的偏執とリンクしつつ、戦後日本の擬制へと射程が届く。激アツの1巻。2022/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19604692

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。