マル農のひと

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

マル農のひと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月26日 02時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865282887
  • NDC分類 610.1
  • Cコード C0095

内容説明

『パリのすてきなおじさん』の著者が次に出会ったのは農家の変なおっちゃんだった。農業レボリューションに挑む規格外の人たちの物語。

目次

第1部 農の伝道師、道法正徳さんのはなし―シンプルでまったく新しい農法ができるまで(農法を伝えるために、東へ西へ;え?縛るだけでいいの?;チャラ男、技術指導員になる;すべては、ひとつの疑問から始まった;ひとを見ないで、ミカンを見る ほか)
第2部 それぞれの農の挑戦―道法スタイルの実践者たち(ゲルに住み、リンゴを育てる・林貴士さん;父親に隠れて道法スタイルを実践する・ヘイさん;自然栽培を研究する科学者・矢野美紀さん;酪農から転身し、無肥料リンゴを模索する・松村暁生さん;震災後の福島で、電力およびワインをつくる・山田純さん ほか)

著者等紹介

金井真紀[カナイマキ]
1974年生まれ。テレビ番組の構成作家、酒場のママ見習いなどを経て、2015年より文筆家、イラストレーター。農業経験は、田植えの手伝いをわずかに5回ほど(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

87
「肥料は一切やらない。土づくりにも価値を置かない。ただし苗木には農薬をやる。弱ったら酵素もやる。あとはせん定と縛りで植物ホルモンを活性化させる」考えの道法正徳さんは全国を飛び回る「流しの農業技術指導員」元はJAの技術指導員だったが肥料と農薬を推奨する方法に疑問を持ち、先輩ではなく「ミカンに聞いて」独自の方法を確立させた。それはJAとは真逆の方法。第2部では道法スタイルを実践する個性的な7人の変人たちに著者が迫る。この人達へ連なる縁が面白い。著者の素人なりに「人生のシナリオの妙」を楽しむ姿がこの本の魅力。2020/10/20

アナーキー靴下

77
元JA技術指導員だった道法さんの生き様、植物や農業に対する考え方は魅力的な一方、著者の視点や文章等、全体的に期待外れな本だった。もともと農業に対する知識ゼロな著者が書いたということで、道法さんが語る農業を、初心者にもわかりやすく、親しみやすく伝えてくれているのは良かったが、数十年前の話を、本人からの聞き取りのみに頼った一元的な視点で書いているだけ、という点が甚だ物足りない。様々な課題を抱え、試行錯誤を続けているであろう日本の農業全体に目を向けずに個人の偉業を語られるのは、知らん先輩の武勇伝聞かされてる感。2021/07/20

fwhd8325

69
目から鱗と言うほど詳しい世界ではありませんが、化学肥料や農薬にまみれた農作物はどこか自然に逆らっているようにも感じます。ファーマーズマーケットへ行ったりして、自然に近い方法で農業をされている方も多く出会ってきました。少しくらい高くてもそれは技術と安全の価格だと思えばいいわけで、私たちは何か大きな勘違いをそのままにして、時間を過ごしてきたように思います。2021/02/08

けんとまん1007

50
なかなか興味深い内容。多少、自家菜園をやっているので、今年はトライしてみようかと思う。もちろん、半分だけにして比較してみようと思う。これまでにない視点であるのがいい。しかも、少しずつトライして評価しながらの繰り返しであることが重要だということ。その実験精神が、結果につながるし、ミカンに聞けというのは納得できる。去年、プチトマトが異常なくらい実をつけたのがあったので、そうなのかもと思う。2021/03/28

yyrn

31
以前から似た本を読んできた。肥料と農薬がセットになった慣行農法に疑問を抱き、自然農法や有機栽培に取り組んだ成果を伝える数々の本だが、いつも思うのはそんなに優れているのなら何故もっと広まらないのか?という素朴な疑問だ。手間がかかったり、収穫量が少なかったり、オーガニック食品を求める日本人のマインドがしっかり形成されておらずマーケットが小さく、やはり値段が高かったり、村社会の日本で他人と違う取組みは非常にやりづらかったりと、難しい問題が山積みであることが改めて教えられるが、主人公の道法正徳さん(53年生れ)⇒2021/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16527446

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。