和家具

  • ポイントキャンペーン

和家具

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 187p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784096807217
  • NDC分類 758

内容説明

江戸時代から明治時代にかけて作られ、奇跡的に現代に伝えられた和家具の最優品100点。家具・指物職人の魂と意気に、日本人の生き方をみる。

目次

収納(棚;茶箪笥;帳箪笥;衣裳箪笥;車箪笥;櫃 長持;箱階段;船箪笥;専用物入れ)
屏障(衝立 屏風)
座臥(椅子 脇息)
容飾(鏡台 櫛台)
暖房(火鉢)
文房(机 見台 文台 書棚 小抽斗)
和家具
図版解説

出版社内容情報

日本の心、日本の技術を今に伝える伝統和家具。本書は、江戸時代から明治時代にかけて作られた木工家具の中から最優品100点を精選して紹介する和家具の本の決定版です。大判カラー写真と詳細な解説・欧文訳付き。

「一枚板からとった十五個の抽斗(ひきだし)は、どれをどこにはめても、また裏返しにしても、ぴたりと吸い付くようにおさまる。つくられてから六十年以上たっているのに寸分の狂いもない最小限の表現で必要な点は確実におさえてある見事な抽斗。製作したのは酒田の指物名人、鉄砲屋亀斎こと鈴木浅吉である…」これは本書の解説のひとこまです。現代では望むべくもない最良の木材を何年も寝かせて乾燥させ、狂いのない材をぜいたくに選び、指物の名人が職人魂と誇りをかけて作り上げた和家具の名品の数々。奇跡的に火災や戦火や洋風化の波をくぐり抜け、何代にもわたって家族の一員として使い続けられてきた木工和家具…。本当に良いものだけが与えてくれる静かな「やすらぎ」と「なつかしさ」が、これら本物の和家具にはあります。本書は、江戸時代から明治・大正時代にかけて作られた木工家具の中から、最優品100点を精選、その勇姿を大判のカラー写真であますことなく紹介し、1点1点について、家具史研究の第一人者である小泉和子氏が詳細な解説を加えた、骨董ファン垂涎の和家具の本の決定版です。