フランダースの犬

個数:

フランダースの犬

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年07月06日 13時02分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ
  • 商品コード 9784323036021
  • NDC分類 E
  • Cコード C8397

内容説明

ベルギー、フランダース地方の村にネロという少年と、おじいさん、そして犬のパトラッシュがすんでいました。おとうさんとおかあさんは、ネロが二さいのときになくなってしまい、ネロはおじいさんにそだてられました。おじいさんは、まいにち村から町までミルクをはこんで、わずかなお金をもらってくらしています。ネロとパトラッシュは、おじいさんのてつだいをしながら、まずしいけれどとてもしあわせでした。

著者等紹介

ウィーダ[ウィーダ][Ouida]
1839年イギリス生まれ。本名ルイズ・ド・ラ・ラメ。のちにイタリアに移住しそのまま永住。三十代の時に『フランダースの犬』を発表。1908年に他界した

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nakanaka

81
子供の頃「世界名作劇場」で観ていました。改めて、なんという悲劇。涙無しには読めません。貧困への差別が酷く人間の愚かさがこれでもかという程に描かれています。純粋な子供だけが輝いていますね。子供たちも深く胸を打たれたようでした。いもとさんの絵がやっぱり良いです。何かで知りましたが原作のパトラッシュはセントバーナードではないそうで、いもとさんの描いたような犬種だったようです。2017/12/04

ごへいもち

20
タイトルを見ただけで泣きそう。読友さんご紹介本2021/06/21

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

20
絵本だと話が短すぎる!Σ( ̄□ ̄;)2017/12/12

ヒラP@ehon.gohon

19
絵本という世界だから、あの名作の抄録のような作品です。 それでもこの絵本は、感動シーンをつなぎ合わせて、淡い絵で饒舌に語る、いもとようこさんにとっての名作になっていると思います。 ネロの境遇、おじいさんの死、誤解と偏見と差別、これほどに忘れたくないつらい目にあう主人公の断片ですが、とても奥深く響いてきました。 あの作品を改めて再読したくなりました。2021/05/18

なると

18
貧しいからと先入観をもち差別する。昔も今もこの考えは根強くある。ネロを探すアロアの叫び声に読み聞かせた娘の胸はやるせなくなった様子/ネロが見たがり、そして最後に見ることができたルーベンスの絵に興味が湧き、調べた。『キリスト降架』アントワープ大聖堂にある三連祭壇画。縦4.2メートルの大作。磔刑に処されたイエスの亡骸が降ろされる場面を描いている。力強い絵です。でもネロが死ぬ直前に見た絵がイエスの亡骸なのか…原作では”パトラッシュ一緒に死のう”と自殺しているそう。希望あふれる絵だったら死ななかったのかも…2016/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/347263

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。