「いのち」と帝国日本

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

「いのち」と帝国日本

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月20日 09時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 366p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784096221143
  • NDC分類 210.1
  • Cコード C1321

出版社内容情報

日清戦争に始まり、10年ごとに繰り返された対外戦争で失われた無数のいのち。帝国日本の発展の陰で犠牲にされたこうした人びとの「生」の実相に徹底的に寄り添うことで、国益や国家目的の名の下に、人びとのいのちに序列をつけ、一方は優遇し一方は抹殺するという、いのちを選別し、管理し、支配し、動員してきた国家の実態をあぶり出す。さらには、この時代の「いのちを生き抜いた」人びとの言葉に耳をかたむけ、具体的には、兵士が見た戦争像や米騒動の実態、アジア諸国の人びととの関係、つまり戦争・デモクラシー・アジアの三つの視角から新たな近代史像を掘り起こし、いのちの基盤が弱まりつつある現在社会を考える手だてとする。

小松 裕[コマツ ヒロシ]
著・文・その他

内容説明

日清・日露戦争で序列化された人びとの「いのち」。帝国主義の発展と重みを失う一人ひとりの生命。

目次

はじめに 「いのち」の序列化
第1章 「いのち」と戦争(向田邦子の祖父の体験;日清戦争―文明国への「入学試験」 ほか)
第2章 「いのち」とデモクラシー(川岸きよの米騒動;足尾銅山鉱毒事件―もうひとつの「近代」 ほか)
第3章 「いのち」とアジア(霧社に立つ;韓国併合―植民地帝国へ ほか)

著者等紹介

小松裕[コマツヒロシ]
熊本大学教授。1954年山形県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。専攻は日本近代思想史。田中正造と足尾銅山鉱毒事件の研究に三〇年以上取り組み、田中正造の思想を軸に日本近代思想の可能性を追究している。在日朝鮮人史の研究や、女性史・ジェンダー論にも深い関心を寄せる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

樋口佳之

61
本巻でとりあげた「いのち」の序列化に身をもってあらがった人物は、これまでの通史にはほとんどとりあげられなかった「無名」の人びと…だが、あらためて確認するまでもなく、彼ら/彼女ら、もしくはそのようなくくり方になじまない人びとこそが、歴史を、社会を支えてきた主体にほかならない…そういった人びとを「無名」のままにしてきたのは…私たち歴史を研究するものの責任にほかならない。それは、これまでの「歴史」が、あまりにも政治史や経済史中心、そして男性中心的でありすぎたから/そのアンチテーゼとしての一冊なのだと読みました。2022/04/03

nnpusnsn1945

47
日清戦争から霧社事件までの近代日本史を描いている。非常に暗い話が多いが必読である。自虐よりともとれるが、明治時代に肯定寄りの猪木正道氏の『軍国日本の興亡』でも中国人差別や日本の朝鮮統治、大逆事件、関東大震災の虐殺については厳しい評価をしているので、そちらも参照をお勧めする。2022/09/01

KAZOO

37
明治時代中期から第二次大戦の前までが書かれています。この著者のスタンスは一貫していて「いのち」というものの観点を重視しているようです。私は右寄りで保守的でこの著者のめざそうとしている方向とは若干立場が異なるのですが、このようなことがあったということで、書かれている内容については知っておいたほうがいいということで読んでいます。とくに田中正造や「橋のない川」などについても敷衍しているのは著者の考えなのでしょう。ほかの歴史書だとあまりページを割かないのですが。2015/02/16

白義

16
日清日露戦争を経て文明国の一員として成り上がっていく帝国日本、それは同時に国民が帝国の臣民として馴化され、文明を基準にした命の序列、ヒエラルキーを内面化していく過程でもある。そうした文明化に抗い非戦論、公害、反植民地の立場に立った人々の闘いに詳細に筆を割き、デモクラシーや民衆運動の影の闇とそのオルタナティブを同時に描こうとする、歴史全集の通史としてはかなり問題意識の強い一冊。田中正造や浅川巧が力点を置かれて紹介されている点からもそれは明らか。通史としてもポイントを抑えているし、今に通じる問題意識が優れた点2017/04/23

かんがく

13
国家に抑圧された少数弱者の「いのち」に着目して大正デモクラシーと呼ばれる時代を描く。著述の対象は被差別部落、植民地人、女性、労働者など教科書でも一般的なものから、ハンセン病患者や、私娼、台湾の山岳民族などにも及ぶ。その視点から、日本の外交、思想、政治が描かれていて読みやすく、新しい発見もあった。2020/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/74569
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。