小学館文庫<br> ぼくたちと駐在さんの700日戦争〈19〉

個数:
電子版価格 ¥680
  • 電書あり

小学館文庫
ぼくたちと駐在さんの700日戦争〈19〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年05月24日 23時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 345p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094088878
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

時は1970年代。田舎町に住むヤンチャでムチャでワンパクな男子高校生と町の駐在さんが繰り広げるイタズラ合戦、第十九弾。金欠のママチャリたちは、駐在さんのすすめで不要品回収をはじめた。「屋根裏からストーブが下ろせなくて困った」お婆さんの所に派遣された孝昭は、屋根裏満載の不要品を下ろしてやり、御礼代わりにと貰い受けた荷物を、いざ売ろうとすると、一切が消えていた。「アパッチじいさん」の仕事とわかるが、消息は不明。そこで、ママチャリ達は一計を案ずるが、事態は想像もしない結末へと向かうのだった。「和美ちゃん・恋の700日戦争」も収録。笑いと感動の物語!

著者等紹介

ママチャリ[ママチャリ]
2006年FC2ブログ内で小説「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」執筆を始める。これがネット中のクチコミで広まり07年に書籍化。08年には映画化された。現在も一日一話更新というスタイルは続いており、一億ヒットとなるブログ連載は、二千話以上を越える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

120万部突破シリーズ最新巻!

時は1970年代。田舎町に住むヤンチャでムチャでワンパクな男子高校生と町の駐在さんが繰り広げるイタズラ合戦、第19弾。金欠だったママチャリたちは、駐在さんにすすめられた廃品回収を続けていた。駐在は、「屋根裏からストーブが下ろせなくて困った」お婆さんの所に孝昭たちを派遣する。老人にやさしい孝昭は、天井が落ちるほど荷物の乗った屋根裏に驚き、これを全部下ろしてやることにした。感謝した老婆から、不要品だから持っていっていい、と言われ貰い受けるが、次の日曜になるまで売ることができない。しかたなく、チャーリーの作業小屋のある山の銀杏の下にあるゴミ置き場に、一旦、置いて帰った。ところが、翌日になって、ママチャリたちと取りに行くと、銀杏の下のゴミは全てなくなっていた。どうやら「アパッチじいさん」と呼ばれる廃品回収業を生業とする老人の仕業と判明するのだが……。
『和美ちゃん・恋の700日戦争』も収録した、笑いと感動の物語!




ママチャリ[ママチャリ]
著・文・その他