小学館文庫<br> ミステリと言う勿れ―映画ノベライズ

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

小学館文庫
ミステリと言う勿れ―映画ノベライズ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月21日 22時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094072938
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

話題の映画、完全小説化!

広島で開催中の美術展を訪れた、天然パーマの大学生・久能整。街を歩いていた整は、突然、見知らぬ女子学生に名前を呼ばれる。「久能整くん、力を貸して。じゃないと私、殺されるかもしれない」――。
彼女、狩集汐路は、犬堂我路に整のことを推薦されたのだと言う。我路は、かつて整が遭遇したバスジャック事件で知り合った青年だ。わけがわからない整だったが、汐路に半ば強引に連れられ、狩集の本家を訪れることに。そこでなぜか整は、亡くなった汐路の祖父の遺言書開示の場に立ちあうことになってしまう。
相続人の候補は汐路と三人のいとこたち。汐路によると、狩集家は代々、相続争いで何人もの死者が出ているらしい。相続人としての権利を得るためのお題をクリアしようと、競い合うことになった汐路たち。だが、直後から怪しい出来事が頻発するようになって……。
天然パーマの大学生・久能整が、今度は遺産相続事件に巻き込まれる!? 人気漫画家・田村由美による大ヒットコミックを原作とした映画を、完全ノベライズ!

内容説明

広島で開催中の美術展を訪れた久能整。街を歩く整の前に、一人の見知らぬ女子高生が現れる。なぜか整の名前を知っている彼女、狩集汐路は、失踪した犬堂我路の知り合いだと言う。汐路に半ば強引に連れられ、汐路の祖父の遺言書開示の場に立ちあうことになった整。相続人候補は汐路と三人のいとこたち。汐路によると、狩集家は代々、相続争いで何人も死者が出るらしい…。天然パーマの大学生・久能整が、今度は違産相続事件に巻き込まれる!?大人気コミック原作の通称“広島編”、映画完全ノベライズが登場!

著者等紹介

豊田美加[トヨダミカ]
大分県生まれ。成蹊大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キナコ

20
映画を見たあとに購入。やっぱり整君の言葉って素敵。映画でも泣けたが、ラノベでも泣けた。人との関わりのなかで、ちょっとしたことでもしっかりと見て、自分で考えてるんだぁと思った。自分が子供だった時のことを大人になったら忘れちゃう。子供のころの影響って本当に大きいと思う。だからこそ誠実に向き合わないとと思えた。2024/04/16

マッちゃま

15
映画版ノベライズ。原作の漫画は発売された物は登録こそしておりませんが全て読了。シリーズの広島編を映画化とのこと。本書を読み始めた頃は、ほんの数ヶ月前に読んだハズが意外と覚えていない事に驚愕(笑)読みながら「ああ〜たしかこんな感じやった」なんて思い出しながら読み進めました。忘れるってステキですね♪ ラストに近付くにつれ犯人とかもシッカリ思い出せたけど「ねえ〜皆さんこんな感じ?」歳は取りたくないモンだ。おそらく変に原作には手を加えてない内容。映画を観れる日も楽しみ。その頃には、またストーリー忘れているのかな?2023/10/08

ドットジェピー

8
面白かったです2023/09/10

まやすず

5
ドラマも観たことなかったのに、第一章を読み終わってからすぐに映画を観に行きました。上映中でよかったです。ノベライズは必要な景色や細部の描写が少なくて読んでいても物足りなさを感じるものですが、この小説は文章の量は少なくても映画に忠実にでわかりやすかったです。屋敷や喫茶店の雰囲気は映画を観てよかったです。観光にも行ってみたいなぁ。2023/10/24

2
こちらも面白くて一気読み。 一族に隠された秘密‥これがもし本当の話だったら恐ろし過ぎるなぁ、と思いながら読みました。 ドラマの影響で整くんの登場場面は終始あの俳優さんの顔が浮かんでました。 2024/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21523316
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。