小学館文庫<br> 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった+かきたし

個数:
電子版価格
¥693
  • 電書あり

小学館文庫
家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった+かきたし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月21日 22時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784094072464
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

笑えて泣ける岸田家の日々のこと

大反響を呼んだ単行本
『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』が、
ついに文庫化しました!
かきたし原稿「表紙の絵の味」と、
作家・一穂ミチさんの解説でパワーアップ!

真夏の甲子園でホットコーヒーの売り子をしたり、
試着に1時間かかるブラジャーを買ったりと、
なぜか日々おもしろいことが起きてしまう作家・岸田奈美がつづる、
情報過多の日々のこと。

大丈夫な家族と、大丈夫じゃない日々を、
疾走感あふれるリズミカルな文章で、
軽やかにユーモラスにとびこえる。

“弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった”
“母に「死んでもいいよ」といった日”
など傑作エッセイを多数収録。

【編集担当からのおすすめ情報】
岸田奈美さんの初の単行本が2年半ぶりに文庫化します。
この2年半の間に、岸田家にはいろんなことがあったと思います。
そんな岸田さんの2年半の思いは、
「文庫あとがき(おかわり)」でたっぷり語られています。
また、かきたし原稿「表紙の絵の味」では、
岸田さんが手がけた表紙のイラストについて、
装丁家・祖父江慎さんとのやりとりの裏話が。
そして、必見なのは作家・一穂ミチさんの「解説」です。
解説では、私、思わず涙がこぼれました。
ひと味ちがう岸田奈美ワールドをぜひご一読ください。

内容説明

真夏の甲子園でホットコーヒーの売り子をしたり、試着に1時間かかるブラジャーを買ったりと、なぜか日々おもしろいことが起きてしまう作家・岸田奈美がつづる、情報過多な日々のこと。大丈夫な家族と、大丈夫じゃない日々を、疾走感あふれるリズミカルな文章で、軽やかにユーモラスにとびこえる。笑いと涙と救いがそこにある。“弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった”“母に「死んでもいいよ」といった日”ほか傑作エッセイを多数収録。

目次

弟とわたし
母とわたし
父とわたし
日常とわたし
仕事とわたし
だれかとわたし
かきたし

著者等紹介

岸田奈美[キシダナミ]
1991年生まれ、兵庫県神戸市出身。大学在学中に株式会社ミライロの創業メンバーとして加入、10年にわたり広報部長を務めたのち、作家として独立。世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバルシェイパーズ。Forbes「30 UNDER 30 JAPAN 2020」選出(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆいまある

105
中学生の時に父が急死。高校の時に母は下半身不随となり、現在も車椅子生活で手術を繰り返している。4歳下の弟はダウン症。作者の岸田さん自身も多分ADHD当事者である。全員が生きづらさを抱えた家族。悲惨な話は痛みと悲しみを器用に取り除いて笑える話にすればお金になるとカルーセル麻紀さんも言ってたし、自慢は嫌がられるけど自虐は喜ばれるを地でいきSNSでバズりまくっている人。車椅子のおかんのポジティブさ。ダウン症の弟の逞しさ。助けてくれる人の親切さ。大変な話を爆笑エッセイに組み立てる筆力が見事。5秒に一度は泣ける。 2023/05/06

よつば🍀

75
好き、とても。「はじめに」で泣いて、一穂ミチさんの「解説」で泣く。泣いて笑ってまた泣いて顔が忙しい。表情筋は確実に鍛えられた。沢山の辛い経験をされた岸田さん。何度も涙を流して来られたんだろうと書かれていない部分を想像し胸が詰まる。そんな岸田さんが紡ぐ言葉は愛に満ちている。カメラマンの幡野広志さんの言葉も刺さりまくる。本の中から「なんくるないさ~」「ケンチャナヨ」などの励ましの言葉が今にも飛び出して来そう。元気な人も心が折れている人も手に取って欲しい。文章の端々に散りばめられた優しさに触れれば笑顔になれる。2023/05/16

さおり

45
岸田さんはすてきなひとだなぁ。短い文章の中に流れるユーモア。そして、思いの深さ、あたたかさ。泣いたり笑ったりしながら読みました。2023/07/17

おか

44
ドラマを全編通して観て 感動して購入。そして 映像の方に感動を強く感じる私です。多分 文章ではどうしようもなく伝えられない事を映像の役者の一挙手一投足が語っている。映像より文章をいつも優先している私には珍しい。この作品は 作品と脚本と役者が最高のタッグを組んだのだと思います2023/09/13

マリリン

43
文体が苦手かもと思ったが、内容は推し! 家族は問題を抱えていてもプラス思考。その根底にあるのは人から大切にされた経験? 人を大切にするとはと考えさせられる。助けるとは、視点を動かして相手を思うことかもしれない。相手の視点に寄り添っていない言葉は、押付けにしかならない。「死んでもいいよ」「よい大人でなかったよい先生」が特に心に沁みた。解決策がない苦しさがほんとの絶望なんだな、と。カメラマン幡野広志さんの生き様いいな。語弊を招きかねないけど、死を感じた時の潔さがよい。家族である前に人間関係だから。2023/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20969186
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。