小学館文庫<br> 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月28日 05時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 117p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094060225
  • NDC分類 911.168
  • Cコード C0195

出版社内容情報

鬼才歌人と異才画家、渾身のコラボ歌集

2001年の刊行時、短歌界の内外にセンセーションを巻き起こした問題の歌集が文庫化。キャバクラ嬢「まみ」と、やっぱりキャバクラ嬢であるその妹の「ゆゆ」、そしてウサギの不思議なトリオの、詩的でほわほわしていて乱れていてストイックな生活と、まみとゆゆを巡る恋人や友達や隣人たち、そして切なくふるえるまみの心、愛、祈り。
手紙魔「まみ」は「ほむほむ」こと歌人穂村弘に大量の手紙を送り、穂村弘はその手紙の中のフレーズを変形させて使ったり、そこからインスパイアされてまったく違う短歌をつくりだしたりしつつ、「手紙魔まみ」という、実在するくせに虚構でもあるあやうい存在を歌集の中に生成する。
装丁・挿画には、センシブルな若い女性に熱烈なファンを持つイラストレーター、タカノ綾(カイカイキキ所属)を起用、ポップでキッチュな部分とはかなさや切なさのあやういバランスを、ビジュアル的にも訴求する。


【編集担当からのおすすめ情報】
穂村弘のエッセイ『世界音痴』『もうおうちへかえりましょう』、短歌入門書『短歌という爆弾 -今すぐ歌人になりたいあなたのためにー』も、小学館文庫から大好評発売中です!

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)

手紙魔まみ、天国の天気図

手紙魔まみ、アイ・ラヴ・エジソン

手紙魔まみ、完璧な心の平和

手紙魔まみ、キモチワルキレイ

手紙魔まみ、うれしい原材料たち

手紙魔まみ、みみずばれ

手紙魔まみ、ウエイトレス魂



手紙魔への手紙

内容説明

歌人・穂村弘に憑依した少女「手紙魔まみ」の愛と祈り。センセーションを巻き起こした異色歌集、待望の文庫化。

目次

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)
手紙魔まみ、天国の天気図
手紙魔まみ、アイ・ラヴ・エジソン
手紙魔まみ、完璧な心の平和
手紙魔まみ、キモチワルキレイ
手紙魔まみ、うれしい原材料たち
手紙魔まみ、みみずばれ
手紙魔まみ、ウエイトレス魂

著者等紹介

穂村弘[ホムラヒロシ]
1962年札幌生。歌人。上智大学英文科卒。90年、歌集『シンジケート』でデビュー。エッセイ、短歌評論、翻訳などでも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

61
単行本を図書館で借りて、気になり続けていたのを文庫で入手。少女的なものの総体としての作品群が、中毒性を持った奇妙な魅力を放っている。口ずさめるほど好きな歌は二首ほどあるが、ここには引用しない。2019/10/28

まさむ♪ね

41
なんてあやういんだ、まみ。できればお近づきにはなりたくないけれど、気づかれないようにこっそりと物かげから見守って痛くなる。ぼんやりとした淡いピンクのぐるぐるうずまきに、鋭いナイフのような言葉たちが投げ込まれ、それがものすごい勢いで回転しはじめる。狂気をはらんだまみの危険で孤独な妄想哲学。もう、きらきらでくらくらする。《水準器。あの中に入れられる水はすごいね、水の運命として》《ひかひかの蜘蛛のめんめの表面が艶消(マット)になるよ、死んだ瞬間》《なんという無責任なまみなんだろう、この世のすべてが愛しいなんて》2016/07/10

Mishima

41
ゆるゆるした気持ちになるかと思いきや痛い気持ちになってしまいました。気持ちが動いたのだから、これもまた感動。気分転換に猫と遊びます。されど、穂村弘さん、また読んでしまいそう。2015/07/20

ハンナ

33
せっかく手に入れたのに、読んでは放置し…を繰り返していた。こんな文庫サイズでカラー絵付きの歌集、いいなぁー!ちょっと個性的過ぎて外では読みにくいけれど、歌集といえば重いものが多いので、こうしたサイズは嬉しい。そして絵本のように可愛い! 独特の世界観だけれど、こうして連歌で物語を綴っていく方法もあるのか…ということを体験させてくれました。本当に、ほむほむの中にはまみのような乙女が巣作っているのでは?!と思わされる。 でも、歌を詠んでいる人格は違うというのはよくあることかも…??2015/09/10

32
夏だからと再読しました。短歌からも挿絵からも狂気を感じる、とても好きな空気です。わたしの中にもきっとまみはいて、その濃度が高まっている気がします。とりあえず、昨日の朝から何も食べてなくて、今晩も食べられないと思います。まみは雪舟えまさんだと目にしましたが、雪舟さんこんな感じだったかな…。2017/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7878464

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。