小学館文庫
新ゴーマニズム宣言〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6変判/ページ数 153p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784094051414
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0195

出版社内容情報

大反響『新・ゴーマニズム宣言』待望の文庫化!

 活動の場を雑誌『SAPIO』に移し、さらに孤高にして至高の境地を突き進む『新ゴーマニズム宣言』、ついに待望の文庫化! 1巻は前代未聞の雑誌移籍騒動から始まり、自らを「広報係」と位置づけ、まだ一般の関心が寄せられることのなかった「薬害エイズ事件」の真相解明の先頭に立った怒濤の日々を中心に描く。さらに、和解成立後、運動に関わっていた学生たちに「日常に復帰せよ!」と警告を発し、大反響をよんだ第14章までを収録。

内容説明

活動の場を雑誌『SAPIO』に移し、さらに孤高にして至高の境地を突き進む『新ゴー宣』、ついに待望の文庫化!1巻は前代未聞の雑誌移籍騒動から始まり、自らを「広報係」と位置づけ、まだ一般の関心が寄せられることのなかった「薬害エイズ事件」の真相解明の先頭に立った怒濤の日々を中心に描く。さらに、和解成立後、運動に関わっていた学生たちに「日常へ復帰せよ!」と警告を発し、大反響をよんだ第14章までを収録。

目次

予告前編・実録オウムとの死闘の日々
予告後編・オウムに勝ち『SAPIO』へ
西部邁に、山崎哲よ、厚生省め
学級民主主義を捨ててプロになれ!
開放出版はわしの原稿をボツにした
プライドを捨て平凡に胸を張る勇気
吉本隆明なんかこわくない
厚生省は「殺せい省」と化した責任をとれ!
80年代の生き残り・オウム的おたくの終焉
やわらかな革命に泉谷しげる、坂本龍一、浅田彰が参加!
弁護士たちにかます言葉
知と血の最終戦争がはじまる!
国家に勝った日
単なる官僚バッシングには与しない
スペシャル対談 小林よしのりvs西部邁「責任回避の常習犯―知識人」
大阪でショックをうけたこと
運動の功罪―日常へ復帰せよ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白義

3
SPA!との決別、オウム批判を背景に薬害エイズ運動との関わりがメイン。後に運動の自己目的化が嫌になってやめ、SPA!的な相対主義と相対主義社会が原因で生まれたと捉えるオウムとそれに繋がりかねない知識人を批判、とまあ筋は悪くないけどなんなんだろうね、この完全な勧善懲悪路線は。よっぽど怒りが据えかねたんだろうが、自分で考えてる感じが薄れたのは間違いない。個にこだわるのはいいが、やり方描き方が極端すぎる。これもある種の党派性に繋がる可能性はあるということだ。複雑な感慨を得る一冊2011/08/29

Tetchy

1
雑誌「SPA!」の四面楚歌的虐待を受け、雑誌「SAPIO」に移り、『新ゴーマニズム宣言』として生まれ変わった本書は、「SPA!」への怒り、雑誌を離れる経緯について触れ、そして「薬害エイズ問題」をもう1つの軸に纏められている。後に『脱正義論』へと繋がるトピックを恥じる事なく文庫化してくれた懐の深さに感謝する。それが自身の若気の至りで犯した過ちであるならば抹消したいはずなのだが堂々と刊行してきた。特に薬害エイズ問題は本書の最終章において作者自身が危機感を抱いているのが興味深い。次が愉しみだ。2009/04/29

なんと

0
00/11/24 ¥476 00/11/302016/01/01

こわっち

0
ひさしぶりにゴー宣 薬害エイズ問題2014/07/09

tkm66

0
180812TOKYO MX生出演。未だファン層は健在か①

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/435095

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。