小学館文庫<br> 吉良の言い分〈下〉真説・忠臣蔵

  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
吉良の言い分〈下〉真説・忠臣蔵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094048421
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「…苦しみもまた、生きる証」夜半になって吉良上野介義央は眠りにつけぬまま、老僧の言葉を思い出していた。齢は60を超えた。「早う、楽になりたい…」身を起こし押し入れの隅の柳行李を開けた。行李の底に、それはあった!義央は、赤穂浪士によって討たれたのではなかった!臈たけた吉良と癇癪もちで乱心者の血を受けつぐ浅野、この2人を一気につぶす―柳沢保明の驚くべき謀略と上野介の意外な最期を描き、従来の忠臣蔵伝説に異をとなえた話題の傑作。

出版社内容情報

吉良上野介は自害した。裏に潜む幕府の謀略と意外な最期。

「…苦しみもまた、生きる証」夜半になって吉良上野介義央は眠りにつけぬまま、老僧の言葉を思い出していた。齢は六十を越えた。「早う、楽になりたい……」身を起こし押し入れの隅の柳行李を開けた。行李の底に、それはあった! 義央は赤穂浪士によって討たれたのではなかった! 臈たけた吉良と癇癪もちで乱心者の血を受けつぐ浅野、この二人を一気につぶす──柳沢保明の驚くべき謀略と上野介の意外な最期を描き、従来の忠臣蔵伝説に異をとなえた話題の傑作!