富士見ファンタジア文庫<br> フルメタル・パニック!アナザー〈8〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
フルメタル・パニック!アナザー〈8〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 22時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040702797
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

舞台は決戦の地へ―『カエサル・プロジェクト』を追って新生D.O.M.S.は、旧ソ連のガルナスタン共和国にたどり着いた。そこで達也とアデリーナは、この国の若者たちと思わぬ邂逅をとげる。ガルナスタン大統領の息子オルカンと、その友人ソラヤ―祖国の明日に惑う青年たちとの束の間の交流をよそに、世界は激しく揺れ動いていた。中央アジアの荒涼たる大地に交差する、理想、野心、そして愛。錯綜する謀略は、戦火を加速させていく。愛別離苦のSFミリタリーアクション、終演序曲!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まるぼろ

28
ジオ社の支援…という形で独立を果たしたガルナスタンにてロシアの軍事介入が入る前にクーデターにて事態を収集しようとする動きが。その支援を行う形で旧D.O.M.Sに攻勢をかけようとした新生D.O.M.Sだったが…というお話。あとがきにもある通り現実にウクライナがあんな状況下に置かれているので、どう読んでもウクライナの現状とダブって読めてしまうのは否めませんでした。しかしこちらはフィクションらしく些細な出来事の相違の積み重ねでオルカンがああも絶望と狂気に走ってしまったのは悲劇としか…。物語も佳境に、次巻も期待。2014/09/10

アウル

23
クライマックスが近づいてきたな。菊乃のヒロイン力が強まっている感じがするのに達哉はやはりリーナの方にいくんか。現実の世界情勢と結構かぶっていて妙に重い。みんなバラバラとなった達哉達がどのように巻き返すのかな?2014/08/29

トルコネ

23
中盤過ぎるまで戦闘も無く、ちと退屈な印象。今巻では物語はあまり動かないのかなぁなんて不安もあったりしましたが、いやいや、結果的に十分動きましたね……旗色の悪い方に。まさか○○が撃墜されてしまうとは!今回のエピソード自体は政治色が強く、実際の世界情勢とも重なり、少し暗めで難解、あまり娯楽性が高いとは言えませんが、この巻と次巻予定の過去話で期待や鬱屈を溜めて溜めて、最終決戦に一気にカタルシスを得てくれということなのかもしれませんね。続きが待ち遠しすぎる!2014/08/24

星野流人

20
旧ソ連のガルナスタン共和国を新たな舞台とし、物語もいよいよクライマックスに突入してきた感があります。序盤こそ共和国への入国で悶着があったり、菊乃とイチャついたり、共和国側の主要人物であるソラヤやオルカンらと交流したりと和やかなムードでした。しかし一度戦闘が始まれば一気にあちこちの陣営からきな臭さが噴出してきて、ハードな物語に早変わり。反乱、そして戦争という避けられがちな難しいテーマを、真っ向からライトノベルに落とし込んでいるのは好感が持てます。新生D.O.M.S.は次なる困難にどう立ち向かうのか……2020/10/18

しぇん

16
普通の立場、能力ならば唯の善人だった気がする王子が狂ってしまったのが物悲しいですね……。マッドサイエンティストに踊らされぱなっしですが、逆転が楽しみです。達哉は相変わらず化け物じみた戦闘力の相手としてAIを選んだのは良いチェイスだったんではないかなと思ったりも。最後、アデリーナが捕虜になってしまったのは、菊乃が多方面で活躍しすぎてて影薄くなってるヒロイン力強化への伏線ですかね。2015/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8219897

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。