小学館文庫<br> 日本国憲法・検証1945‐2000資料と論点〈第2巻〉象徴天皇と皇室

電子版価格 ¥788
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
日本国憲法・検証1945‐2000資料と論点〈第2巻〉象徴天皇と皇室

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094045321
  • NDC分類 323.14

内容説明

本来天皇とは象徴的な存在であり、明治憲法下のように天皇が統治権を総攬する方が異質なのだ。日本国憲法の規定は天皇本来のあり方に合致したものであり、“象徴”に徹してこそ天皇制は末長く存続するはずである。憲法制定時から現在そして新世紀へ向けて、あるべき象徴天皇制を検証する。

目次

序論 象徴天皇制はどのようにして誕生したか
第1章 象徴天皇制の果たしている役割は何か
第2章 皇位はどのように継承されるか
第3章 天皇、皇族は宗教活動を行えるか
第4章 天皇、皇族の実生活とは
第5章 天皇の戦争責任についてどう考えるべきか

出版社内容情報

天皇の戦争責任は? 象徴天皇制誕生の背景を徹底検証!

「本来天皇とは象徴的な存在であり、明治憲法下のように天皇が統治権を総攬する方が異質なのだ。日本国憲法の規定は天皇本来のあり方に合致したものであり、“象徴”に徹してこそ天皇制は末長く存続するはずである」(著者解説)。憲法制定時から現在そして新世紀へ向けて、あるべき象徴天皇制を検証する。