小学館文庫<br> 日本国憲法・検証1945‐2000資料と論点〈第2巻〉象徴天皇と皇室

電子版価格 ¥803
  • 電書あり

小学館文庫
日本国憲法・検証1945‐2000資料と論点〈第2巻〉象徴天皇と皇室

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094045321
  • NDC分類 323.14
  • Cコード C0132

出版社内容情報

天皇の戦争責任は? 象徴天皇制誕生の背景を徹底検証!

「本来天皇とは象徴的な存在であり、明治憲法下のように天皇が統治権を総攬する方が異質なのだ。日本国憲法の規定は天皇本来のあり方に合致したものであり、“象徴”に徹してこそ天皇制は末長く存続するはずである」(著者解説)。憲法制定時から現在そして新世紀へ向けて、あるべき象徴天皇制を検証する。

内容説明

本来天皇とは象徴的な存在であり、明治憲法下のように天皇が統治権を総攬する方が異質なのだ。日本国憲法の規定は天皇本来のあり方に合致したものであり、“象徴”に徹してこそ天皇制は末長く存続するはずである。憲法制定時から現在そして新世紀へ向けて、あるべき象徴天皇制を検証する。

目次

序論 象徴天皇制はどのようにして誕生したか
第1章 象徴天皇制の果たしている役割は何か
第2章 皇位はどのように継承されるか
第3章 天皇、皇族は宗教活動を行えるか
第4章 天皇、皇族の実生活とは
第5章 天皇の戦争責任についてどう考えるべきか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

89
日本の王室(皇室)は千年以上の歴史をもつ。他国も王室は存在するが、これ程長い王朝はない(例えばイギリスはノルマン朝、プランタジネット朝、ランカスター朝、ヨーク朝、テューダー朝等々に替わっている)。表向き万世一系の(例外は室町時代の南北朝で同時に二人の天皇がいた)皇室について自分はどれだけ知っているのだろうか? 戦後、憲法が改正され天皇も現人神から人間宣言し皇室典範も見直しされ現在に至る。皇室の人たちの収入や遺産相続、降嫁(最近では黒田さん)した場合の処遇や持参金(いわば退職金)等々、詳しく書かれた一書。2016/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/288044

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。