新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論

個数:
  • ポイントキャンペーン

新ゴーマニズム宣言SPECIAL 沖縄論

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 407p/高さ 15X21cm
  • 商品コード 9784093890557
  • NDC分類 302.199

内容説明

「沖縄こそが中心であり、本土こそが辺境なのだ」―現代の無関心の獄から、かくて開け放たれたパンドラの匣。イデオロギーを超えて格闘せよ!『戦争論』から7年、『台湾論』から5年。構想・執筆1年。戦後60年の節目に怒濤の400枚で問う衝撃作。

目次

第1部 沖縄を考える(けなげだぜ自衛隊;米軍ヘリ墜落を怒れ;原宗教から現代の無関心の獄 ほか)
第2部 琉球王朝とは何か?(命どぅ宝・沖縄と琉球;琉球王朝と尖閣領海問題;グスクで守るべき聖域 ほか)
第3部 沖縄戦後史(米軍は親切だったか?;国旗掲揚は反逆罪だった!;イモ・ハダシ論から復帰運動の終焉 ほか)
エピローグ 聖なる島から(歴史とクニガラ)

出版社内容情報

戦後60年の節目に怒濤の400枚で問う

『戦争論』『台湾論』から5年。構想、執筆1年。戦後60年の節目に、大幅書き下ろし、怒濤の400枚で問う問題作。これはゴーマニストから日本人への新しい挑戦状だ! 第1部…沖縄を考える(米軍ヘリ墜落と基地問題)、第2部…琉球王朝とは何か?(海の王国の物語)、第3部…沖縄戦後史(これが封印された祖国復帰の歴史だ)、最終章(歴史とクニガラ)。真夏の紫外線の中、恐る恐る沖縄に降り立ったゴーマニストは、沖縄の基地、現状を目の当たりにし、やがてその深層に潜む沖縄のアイデンティティと歴史へ足を踏み入れていく。沖縄の戦後史を救ったある政治家の一生、最後に降り立った「神の島」で捧げた祈り…これまでの対立軸に凝り固まったイデオロギーではとうてい立ち向かうことのできない思想的挑戦! しょくん!受けて立てるか!?