ママがもうこの世界にいなくても―私の命の日記

個数:
電子版価格
¥1,039
  • 電書あり

ママがもうこの世界にいなくても―私の命の日記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月22日 00時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093888325
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

1才の娘と、夫に遺した「愛」の記録

<もう、3年のうち2年半が経過した。余命は統計。私は大丈夫。>(本文の日記より)

遠藤和(のどか)さんがステージ4の大腸がんを宣告されたのは、21才のときだった。

当時交際中だった将一さんには「私、がんだった」と告げた。
将一さんは「絶対、別れない」と応じた。

22才で結婚式を挙げた。その様子は、『笑ってコラえて』(日本テレビ系)の「結婚式の旅」というコーナーで放送され、大きな反響を呼んだ。

子供がどうしても欲しかった。抗がん剤を止めなければいけない。それでも「絶対後悔する。死んでも死にきれないよ」と将一さんを説得した。

<はじめて胎動を感じた。私、ママだよ。2~3か月後には、もう会えるね>
23才で長女を出産した。

21年5月、病院で余命は数週間と宣告された。家に帰った。「それでも人生でいまが一番しあわせ」と家族3人と猫1匹の、愛しき日々を送った。

21年9月、24才の若さで亡くなった。

和さんが亡くなる10日前まで、生と死を見つめて書き続けた日記。
それは、1才の娘と、夫に遺した「愛」の記録。

内容説明

まっすぐに生きた24年間。21歳で大腸がんステージ4宣告、22歳で結婚、命がけの妊娠と出産、最後まで諦めなかった闘病。

目次

出産(2020年7月~2021年3月)
余命宣告(2021年4月~7月)
2021年8月30日
遠藤さん(2016年9月~2017年9月)
私、がんなんだ(2018年8月~12月)
結婚(2018年12月~2019年12月)
妊娠(2019年12月~2020年7月)
私の命の日記(2021年7月~9月)

著者等紹介

遠藤和[エンドウノドカ]
1997年青森県生まれ。21歳のとき、ステージ4の大腸がんを宣告される。22歳で6歳上の将一さんと結婚、23歳で娘を出産。2021年9月8日、24歳で亡くなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゲンキ

111
本書は、「笑ってコラえて❗️」で取り上げられ、話題になったそうですが、私は知りませんでした。作者である「遠藤和(のどか)」さんは、彼と付き合い出した21歳のときに、ステージⅣの 大腸癌 と宣告されるも、彼は和(のどか)さんと結婚を😭そして23歳で命がけで娘さんを出産😭最後まで諦めなかった闘病生活😭しかしながら、24歳の若さで亡くなった命の日記でした😭最初の方から号泣してしまい、もう駄目と本を閉じてしまったこともありました。でも決して、辛い闘病生活の日記ではありません。皆様も是非とも‼️2021/12/30

さぜん

60
たまたま「笑ってコラえて」で見てその後の情報も得ることもなく、書籍を見て出産されたことを知る。24歳の若さで辛い闘病を耐え、懸命に生きた円さん。娘さんと旦那さんを残していくのはどれほど心残りだっただろう。彼女の日記には喜びも苦しみも赤裸々に綴られ、医師からの無遠慮な言葉とかコロナ禍の治療の難しさとか、誹謗中傷も含め、真っ直ぐに気持ちが伝わってくる。旦那さんの治ると信じ、ずっと励まし続けた強さと優しさ円さんを支えたんだろうな。ご冥福をお祈りします。2022/03/08

ぶんこ

56
何年も前から腹痛があって、色々な病院にも行っているのに、診断が「便秘、胃腸炎」とは酷すぎる。ある医師たちの中には若い女性患者に真剣になれない人がいる。ろくに検査もしないで便秘なんて言わないで。「もう何もかもどうでもいいから、この激痛から解放してほしい」と思う時があると書かれていました。辛すぎて数日読めませんでした。櫛引御一家、そして何より遠藤さんが立派でした。ここまでの介護、看取りはできそうで出来ない。危険を承知でお子さんをみごもったこと。もしもの時は赤ちゃん優先と和さんは言い切っていました。最高の母。2023/01/25

ブルちゃん

34
言葉がでません。自分では手に取ることができませんでした。京子ありがとう。2022/06/23

kanki

33
闘病とは、こんなにも辛いのか。池江さんのニュースに対してこう感じるのか。泣いた2022/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18956640
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。