天皇はなぜ紙幣に描かれないのか―教科書が教えてくれない日本史の謎30

個数:
電子版価格 ¥970
  • 電書あり

天皇はなぜ紙幣に描かれないのか―教科書が教えてくれない日本史の謎30

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月24日 03時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093886390
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C0095

出版社内容情報

教科書だけでは分からない歴史の真実がある

日本の紙幣に天皇の肖像画が一切登場しないのはなぜか?
手塚治虫は、なぜ「火の鳥」の中で「騎馬民族征服王朝説」を描いたのか?
歴史上の悪者「物部守屋」は、なぜ後世になって顕彰の対象になったのか?
聖徳太子は、本当はどんな人物だったのか?
豊臣秀吉と砂糖との意外な関係とは?
「源義経=チンギス・ハン」説はどのように生まれ、そして広がっていったのか?
なぜ、電話もインターネットもなかった江戸時代に、全国津々浦々、同じような落書きが広がったのか?
過去の自然災害の記録から、現代に生きる私たちは何を学ぶべきなのか?
など、教科書だけでは分からない歴史の真実と、その教訓を紐解く

【編集担当からのおすすめ情報】
一話完結型の内容になっているため、空いた時間に、気軽に歴史の迷宮を旅することができます。

前口上――本書の読み方

第一章 歴史の断片から、いにしえ人の暮らしと心をよむ

武田信玄ゆかりの地で発見した「石」の謎
江戸時代に書かれた「落書き」は、いったい何を意味するのか
江戸時代に詠まれた「無名の歌」の謎
木簡が語る、ふたりの戦国武将の運命とは
豊臣秀吉と砂糖の知られざる関係とは
歴史に埋もれた、まぼろしの「特産品」の謎
戦国武将たちを魅了した「遊び」の謎
ユネスコ「世界の記憶」に刻まれた古代社会の姿とは
日本社会の「男女観」は、どのようにつくられたのか
律令制の「常識」を捨て去ると、何が見えてくるのか


第二章 時空を越えて、歴史は再生産される

「歴史上の人物」は、尊敬の対象になりうるのか
大学図書館で偶然発見した、ひとつの拓本の謎
「悪人」物部守屋は、なぜ「正義の人」に生まれ変わったのか
石碑の拓本は、どうやってつくられたか
「歴史を知る手がかり」は、どこからあらわれてくるのか
聖徳太子は本当に「万能の政治家」だったのか
天皇はなぜ紙幣に描かれないのか
手塚治虫はなぜ『火の鳥』で騎馬民族を描いたのか
――「騎馬民族征服王朝説」のゆくえ
「源義経=チンギス・ハン」説の誕生と拡大
――そのメカニズムとは
広開土王碑は、日本陸軍によって改竄されたのか
日本各地に眠る広開土王碑拓本の数々は、いったい何を意味するのか
田山花袋はなぜ広開土王碑に魅せられたのか


第三章 災害や自然環境の変化が、人びとの意識を変える

過去の自然災害の歴史記録は、何を語りかけているのか 1
――貞観地震の記録を読む
過去の自然災害の歴史記録は、何を語りかけているのか 2
――出羽国で起こったふたつの地震
過去の自然災害の歴史記録は、何を語りかけているのか 3
――火山噴火と予兆
自然現象の変異に、いにしえ人は何を見たのか 1
――空から石鏃が降る話
自然現象の変異に、いにしえ人は何を見たのか 2
――海獣の発見が歴史を予言する
古来、人びとは、どのように自然に挑んできたのか
歴史を「古代」から「中世」へと変化させた原動力とは何か
明治時代の人たちはなぜ、遠く離れた被災者の救済に乗り出したのか


おわりに――本書の舞台裏

参考文献


三上 喜孝[ミカミ ヨシタカ]
著・文・その他

内容説明

歴史の謎を解くカギは、あらゆるところにひそんでいる!!

目次

第1章 歴史の断片から、いにしえ人の暮らしと心をよむ(武田信玄ゆかりの地で発見した「石」の謎;江戸時代に書かれた「落書き」は、いったい何を意味するのか;江戸時代に詠まれた「無名の歌」の謎 ほか)
第2章 時空を越えて、歴史は再生産される(「歴史上の人物」は、尊敬の対象になりうるのか;大学図書館で偶然発見した、ひとつの拓本の謎;「悪人」物部守屋は、なぜ「正義の人」に生まれ変わったのか ほか)
第3章 災害や自然環境の変化が、人びとの意識を変える(過去の自然災害の歴史記録は、何を語りかけているのか1―貞観地震の記録を読む;過去の自然災害の歴史記録は、何を語りかけているのか2―出羽国で起こったふたつの地震;過去の自然災害の歴史記録は、何を語りかけているのか3―火山噴火と予兆 ほか)

著者等紹介

三上喜孝[ミカミヨシタカ]
1969年東京生まれ。1998年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。山形県立米沢女子短期大学講師、山形大学人文学部准教授を経て、国立歴史民俗博物館教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件