笑顔のママと僕と息子の973日間―シングルファーザーは今日も奮闘中

個数:
電子版価格 ¥1,263
  • 電書あり

笑顔のママと僕と息子の973日間―シングルファーザーは今日も奮闘中

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093885829
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

乳がんで亡くなった妻・奈緒さん(享年29)。そのとき生後112日だった息子。関西の人気キャスター“シミケン”が退社を決断し、前を向いて歩き始めるまでの973日間。

目次

第1章 壁を作ってしまったキャスター(シングルファーザーになって;発熱 ほか)
第2章 パパは替えがきかない(大阪マラソン;泣き止むCD ほか)
第3章 失敗連続の子育て(息子との時間;よーい、ドン! ほか)
第4章 講演のあとで…(初めての講演;「シミケン、がんばれ!」 ほか)
奈緒へ(ママはいつも笑顔だった;息子はこんなに大きくなった ほか)

著者等紹介

清水健[シミズケン]
1976年大阪府堺市生まれ。大阪府立泉陽高校、中央大学文学部社会学科卒。2001年読売テレビに入社。2009年から夕方の報道番組『かんさい情報ネットten.』を担当、メインキャスターをつとめ、「シミケン」の愛称で親しまれる。2013年5月に、スタイリストだった奈緒さんと結婚。2014年長男が誕生。112日後に奈緒さんが亡くなった。2016年4月、一般社団法人清水健基金を設立し、代表理事に。2017年1月、読売テレビを退社し、子育てをしながら講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。