笑顔のママと僕と息子の973日間―シングルファーザーは今日も奮闘中

個数:
電子版価格 ¥1,287
  • 電書あり

笑顔のママと僕と息子の973日間―シングルファーザーは今日も奮闘中

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月23日 14時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093885829
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

ベストセラーの後、人気キャスターと息子は

2016年2月に発売した『112日間のママ』は、多くの読者が涙し、15万部のベストセラーとなりました。
妊娠中に乳がんが発覚した妻が出産後3ヶ月で亡くなるまでを書いた著者。息子を育てながら、キャスターとして週5日の生放送出演と土日を利用しての講演活動を続けていましたが、20キロもやせ、笑えていない自分に気づき、2017年1月に読売テレビを退社。今は週4から5回の講演を続けています。妻をなくしたあとの孤独、子育ての大変さ、退社の決意、今の心境などについて本書で初めて綴られています。
息子が夜中に発熱したのをどうしたらいいか、振りかけご飯しか食べないが大丈夫か、駄々をこねられて亡妻ならどうしたかと途方に暮れる・・シングルファーザーの毎日は不安が続きます。
本人はもちろん、家族ががんになった時から「大変ですね」と気を遣われる存在になってしまっているのを感じ、孤独を味わうことになる。著者はそんな多くの人を元気づけるためにも、たくさんの同じように苦しんでいるかたたちと出会っている講演のこと、成長した長男の可愛いやんちゃぶりに、やっとみんなで笑うようになってきた日常を語ります。


【編集担当からのおすすめ情報】
「シミケン」の愛称で人気のキャスター、清水健さん。
しかし、妻の奈緒さんを亡くしたのち、スムーズに周囲の助けを借りることもできず、孤独の殻にとじこもっていた日々があったことを本書で語っています。
その苦しい時間を経たのち、どうやって前を向いて歩き始めるようになったのか。
明かされる赤裸々なエピソードに、病気と闘う人、大切な人を失った人、子育てが思うように行かない人、誰もが勇気づけられます。

清水 健[シミズ ケン]
著・文・その他

内容説明

乳がんで亡くなった妻・奈緒さん(享年29)。そのとき生後112日だった息子。関西の人気キャスター“シミケン”が退社を決断し、前を向いて歩き始めるまでの973日間。

目次

第1章 壁を作ってしまったキャスター(シングルファーザーになって;発熱 ほか)
第2章 パパは替えがきかない(大阪マラソン;泣き止むCD ほか)
第3章 失敗連続の子育て(息子との時間;よーい、ドン! ほか)
第4章 講演のあとで…(初めての講演;「シミケン、がんばれ!」 ほか)
奈緒へ(ママはいつも笑顔だった;息子はこんなに大きくなった ほか)

著者等紹介

清水健[シミズケン]
1976年大阪府堺市生まれ。大阪府立泉陽高校、中央大学文学部社会学科卒。2001年読売テレビに入社。2009年から夕方の報道番組『かんさい情報ネットten.』を担当、メインキャスターをつとめ、「シミケン」の愛称で親しまれる。2013年5月に、スタイリストだった奈緒さんと結婚。2014年長男が誕生。112日後に奈緒さんが亡くなった。2016年4月、一般社団法人清水健基金を設立し、代表理事に。2017年1月、読売テレビを退社し、子育てをしながら講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きさらぎ

49
ずっと番組を見ていたので、奥様の件、その後のシミケンの奮闘、痩せてしまった姿なども画面を通して知っていた。キャスターの仕事を辞めてまで講演活動をする意味が今一つわからなかったので読んでみた。 パパ業とキャスターと講演の3つのうち、替えがきくのはキャスターだと考えて決断したそうだけど、他に道はなかったのかな。子育てをサポートしてくれる人もいたのにもったいないと感じてしまった。完璧主義で頑なだと感じるけど、それがシミケンなのでしょう。 シングルファザーに対する社会のフォローが少ないことがよくわかった。2018/01/08

milk tea

49
「112日間のママ」の続編。奥様に「会いたい、けど会いに行かん。会いたい、ごめん。」という言葉には胸が詰まる思いを感じました。清水さんはやるべきことがあるんです。あなたじゃなきゃできないことが。踏ん張りどきです。奈緒さんも同じことを思っているはずです。2018/01/04

よこたん

48
“自分が弱いと認めればいい。自分が辛いと愚痴ればいい。わかっているけど、できない。カッコ悪いとわかっているのに、カッコつけてしまう自分がいる。” ほぼ一年前まで、関西の夕方のニュースの顔の一人だったシミケンさん。辞められた時は寂しかった。妻を喪い、乳飲み子を育てながらのキャスターの仕事は大変の一言では済まされないものだった。とても全ては出来ない。考えた末に、自分にしか出来ない(代わりの人がいない)ことを選ぶ。志を胸に講演活動を続ける父の背中を、幼いながらも息子さんはきっと見つめているだろう。2018/01/07

ちゃんみー

43
大事な人がずっと目の前にいるとは限らない。当たり前が当たり前でなくなってしまう日がくるかもしれない。その言葉を心に刻んでおきます。女手ひとつで子どもを育てるのも大変だが、男手ひとつもまた大変なり。発信力のあるシミケンならではの活動に脱帽です。奈緒さん、シミケン頑張ってるみたいだよ。(お二人とも面識ないけど)2018/02/09

ドリル

39
関西では知らない人はいないくらい有名な元キャスターの清水健。前作は奥さんとの出会いから、亡くなるまでが書かれていて、涙なしには読むことが出来なかった。本作は奥さんが亡くなった後の仕事と育児の葛藤が書かれている。私も幼い娘を持つ一人の父親だから、育児の大変さも少しはわかるが、一人で育てることが出来るか?と問われるとかなり難しいと思う。なので、妻には感謝しなければとあらためて思った。シミケンの講演を一度聞いてみたいなあーと思った。前向きな内容なので、涙は出なかったけど、勇気が出た。(★★★)2018/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12380302

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。