こんなにも優しい、世界の終わりかた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 413p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093863513
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

小説を読んで最後に泣いたのはいつですか?

いまさらながらに、みんなようやく気付いたのかもしれない――もとより、ぼくらに残された時間なんてそんなになかったってことに。

放射線のような青い光――地上にそれが降り始めた日から、世界が終わり始めた。ひとも獣も、鳥も木も、土も水も、すべてが青く染まり、動きを止めた。
「ぼく」は世界が終わる前に「彼女」のもとへと旅立った。最後の電話で、彼女は怯えていた。「お母さんの具合がすごく悪い」そして「もう、町には誰もいない」。ぼくは、ならば「ぼくがそこに行くよ」と彼女に約束した。
彼女の住む町まで直線距離で500キロ。青い光を逃れ、ぼくは彼女に会うことができるだろうか。彼女の町はそれまで、青い光に染まらずにいられるだろうか。

『いま、会いにゆきます』『恋愛寫眞 もうひとつの物語』『そのときは彼によろしく』と、累計250万5500部に達するベストセラーを連発した著者による、久々の書き下ろし作品です。著者自身ホームグラウンドと語る小学館での市川作品、今回も期待を裏切らない仕上がりです。恋人への愛だけでなく、親子の愛、そして友への愛と、たくさんの愛が描かれた最高の愛の物語を、ぜひお読みください。


【編集担当からのおすすめ情報】
市川拓司さん直筆の、本書シーンのイラストギャラリーを開設しました。小説をお読みいただくと同時に、小説世界のイメージもぜひお楽しみください。
http://www.shogakukan.co.jp/pr/takuji-gallery


市川 拓司[イチカワ タクジ]
著・文・その他

内容説明

最初から世界の終わり。最後まで世界の終わり。けれど、優しさと愛しさと、さみしさでいっぱいの終わり。最高の“愛の物語”が、再び誕生。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件