震える牛

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 349p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093863193
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

消費者を欺く企業。安全より経済効率を優先する社会。命を軽視する風土が、悲劇を生んだ。超弩級、一気読みエンターテイメント。

著者等紹介

相場英雄[アイバヒデオ]
1967年新潟県生まれ。2005年に「デフォルト(債務不履行)」で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞しデビュー。現在、JBP(ジャパン・ビジネス・プレス)にて、「ニッポンビジネス・ナナメヨミ」連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

平成版『砂の器』誕生!

警視庁捜査一課継続捜査班に勤務する田川信一は、発生から二年が経ち未解決となっている「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」の捜査を命じられる。初動捜査では、その手口から犯人を「金目当ての不良外国人」に絞り込んでいた。田川は事件現場周辺の目撃証言を徹底的に洗い直し、犯人が逃走する際ベンツに乗車したことを掴む。ベンツに乗れるような人間が、金ほしさにチェーンの居酒屋を襲うだろうか。偶然同時に殺害されたかに見える二人の被害者、仙台在住の獣医師と東京・大久保在住の産廃業者。田川は二人の繋がりを探るうち大手ショッピングセンターの地方進出、それに伴う地元商店街の苦境など、日本の構造変化が事件に大きく関連していることに気付く。
 これは、本当にフィクションなのか?
 「地方」の現状を描くことであぶり出させる、日本の病巣!
 衝撃のミステリーエンターテイメント大作!



【編集担当からのおすすめ情報】
平成版『砂の器』の看板に偽りなし!
間違いなく、相場英雄さんの過去最高の傑作にして、代表作!
この限りなくノンフィクションに近いフィクションを、
一般目線に近い書店という「メディア」が
命を賭すぐらいの気持ちで売らなきゃ嘘だと思います。
読後、身震いしました。
――さわや書店上盛岡店・松本大介さん

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件