ひみつの本棚シリーズ<br> 月夜の黒猫事典―知られざる歴史とエピソード

個数:

ひみつの本棚シリーズ
月夜の黒猫事典―知られざる歴史とエピソード

  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2024年02月22日 09時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5変判/ページ数 136p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784766137873
  • NDC分類 645.6
  • Cコード C0076

内容説明

何世紀にもわたり、黒猫は多くの冒険の旅を乗り越えてきた。あるときは不幸の前兆と畏れられ、あるときは幸運のマスコットとして愛されることで…。黒猫にまつわる謎と迷信、そしてそれらが紡いできた歴史と伝説を今ここに解き明かす…。

目次

受難の歴史
伝説の猫
民間伝承と迷信
黒猫は不幸の象徴
幸福のマスコット
海の猫たち
悪魔祓いと治療に関する効力

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

148
タイトルと装幀に魅かれ読みました。 黒猫は特別な存在ではないのに、迫害&虐待したり、神秘化したり、人間は勝手だにゃあ(=^・^=) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000252.000084584.html2023/07/14

tenori

36
「狩る」能力の高さゆえ古代エジプトでは神格化すらされてきた猫。その中で黒い被毛をまとった猫にスポットを当てて世界中に伝わる謎と迷信、受難の歴史の数々をまとめた一冊。なぜに黒猫は畏れられる存在となったのか、突っ込んだ解釈に至ってはおらず、『事典』と呼ぶには散漫な印象は残るものの、人間の弱さや愚かさが特定の動物の虐待に向けられてしまう集団心理は戦争の発端に通じるところもあるなと興味深く読了。クッション製本、小口金の豪華装丁。2023/10/28

かふ

11
タイトルに黒猫とあるが猫についてのアンソロジー。黒猫に代表されるのは悪魔の使いみたいなイメージ。猫が神として崇められたのは古代エジプトでその頃から飼い猫として飼われていた。穀物を食うネズミを退治するというので重宝がられたようだ。黒猫が悪魔の使いとされたのは中世キリスト教の影響で異教は邪神となるからなのだが、詩人や作家に愛されて、パリでは黒猫(シャ・ノワール)というキャバレーで一気に文化人に愛好家が生まれたようだ、猫好きの芸術家やスターは多い。謎めいたキャラと従属しない性格だからか?絵や写真も多く贅沢な本。2024/01/19

flatscan

3
黒猫と人との関わりを歴史や宗教、芸術といった切り口で述べる。事典とは言い難い。サブタイトル通りエピソード集。広いが浅い。翻訳モノにありがちな微妙な違和感のある言い回しが多い。詩なんかも掲載されているがいまいち。とは言え、本としては非常に凝った作りで、全頁フルカラーで写真・図版が多く、表紙・裏表紙は分厚くクッション性のある作り。小口は金で色付け。表紙は金で箔押し。雰囲気は良い。ボリューム不足だが、黒猫に絞った猫の歴史(特にキリスト教関連)とか、魔女との関わりや迷信についての話題は自分としてはかなりヒット。2023/12/31

み〜ちゃん

1
猫、黒猫についての歴史について知ることが出来た。残忍で目を背けたくなるところもかなりあった。装丁がとても可愛い。2024/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21394864
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。