靖国神社が消える日

個数:
電子版価格 ¥1,263
  • 電書あり

靖国神社が消える日

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年10月23日 22時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093798945
  • NDC分類 175.936
  • Cコード C0095

内容説明

靖国神社の“本当の敵”は誰なのか?すべてを知る著者が、「靖国問題」の本質を問い直す。元幹部が初めて明かす「苦難の秘史」

目次

靖国神社は自衛隊員を祀れるか
遊就館「歴史記述」見直しの攻防
映画「靖国 YASUKUNI」の内実
首相の公式参拝と「国家護持」の関係
相次ぐ「靖国裁判」との戦い
「戦没者追悼新施設」を阻止せよ
「鎮霊社放火事件」が投げかけたもの
「富田メモ」と「A級戦犯合祀」の真相
突如浮上した「賊軍合祀」論
みたままつりの露店が消えた!
靖国「テーマパーク化」構想
「靖国」の未来を憂う
靖国が靖国でなくなる日

著者紹介

宮澤佳廣[ミヤザワヨシヒロ]
昭和33年9月、長野県生まれ。國學院大學文学部神道学科卒業。湊川神社(兵庫県)、四柱神社(長野県)権禰宜を経て昭和60年に神社本庁に奉職。神社本庁では教化部長、渉外部長、神道政治連盟事務局長、神社新報社編輯長等を歴任。平成18年に靖国神社に奉職し、宣徳部長、総務部長等を経て、平成29年6月末で退職。平成11年から國學院大學兼任講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

6月をもって靖国神社を離れた元ナンバー3宮司による告白本です。筆者はこの10年間にわたる靖国神社にまつわる事件・騒動などをすべて間近で目撃しており、その時に内部で何が起きたかを明かす注目の実録本になります。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件