• ポイントキャンペーン

ボクって邪魔なの?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093453134
  • NDC分類 913.6

内容説明

親から虐待されていた大介…。施設に向かう道すがら、大介はそっとささやいた。「先生、ボクのこと忘れないでね…。」感動ノベル。

著者紹介

吉永みち子[ヨシナガミチコ]
作家。埼玉県生まれ。東京外語大学卒。競馬専門誌「勝馬」を経て「日刊ゲンダイ」の記者に。1977年に結婚。5年の専業主婦を経て、フリーとして仕事に復帰。85年『気がつけば騎手の女房』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞

出版社内容情報

虐待、学級崩壊等をテーマにした感動の小説

 今、多くの人が注目し、胸を痛めている虐待やひきこもりをテーマにした小説。実際にあった話をもとに、吉永みち子さんが解決の糸口を模索した感動物語2編を収録。「七年めの曲がり角」の主人公中川は小学校の教師。担任した2年生のクラスに、親から虐待されている大介がいた。母親はアル中で子育てを放棄。父親はたまに帰ってきては暴力をふるう。ある時は父親に虐待されて救急病院に運ばれ、またある時は、家出して暴走族の兄と一緒に、盗んだバイクで夜の街を走り回って警察に保護される大介。次々と起こる問題に悩まされ、初めは疎ましく思っていた大介に、中川は次第に愛情を抱きはじめ、最悪の家庭環境から救おうと奔走する。「再生の朝」はひきこもり、拒食症の娘に苦悩する母の姿を描く。