迷子の星たちのメリーゴーラウンド

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

迷子の星たちのメリーゴーラウンド

  • 提携先に49冊在庫がございます。(2021年05月11日 22時34分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784092272453
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

廃墟の遊園地には、不思議な少女がひとり。

廃墟の遊園地――創業者の幽霊が出る、宇宙人が基地に使っているなどあやしげなうわさが絶えない。
実はそこには、不思議な少女がひとりぼっちで住んでいた。
いよいよ遊園地のとり壊しが決まった年、町では奇妙な現象が続発し小中学校は閉鎖。
夏休み。その少女の呼びかけに応じた、特殊な力を持つがゆえに孤独な五人の子どもたちが遊園地にやってきた。クジラと交信したり、真夜中の神社で魚頭のいる不思議な世界に入ったりするなどして、周りからおかしな子扱いを受ける五人。彼らの日記帳をきっかけに、遊園地をめぐる謎ときが始まった。そして、全ての不思議の鍵を握るのは廃墟の遊園地に住む少女!?
子どもたちそれぞれの辛い日常の一方で、彼らに起こる不思議で美しい出来事を、短編連作形式でファンタジックに描く!
不思議は日常のすぐそばにある!

【編集担当からのおすすめ情報】
廃墟の遊園地にひとり取り残された少女と、不可思議なことが身に起こる五人の子どもたちの、現実を生きる孤独と彼らの身に起こる美しいファンタジックなできごとに、さらに謎ときもつまった物語です。本のなかの子どもたちは周りと違う自分にたくさん悩みます。でもこの本を読んだら、違うこともただの個性でみんな幸せになっていいんだというふうに思えた素敵な物語です。日向先生の優しい描写でつむいでいく物語を、六七質先生の美しく幻想的な絵でさらに楽しんでいただけると思います!

内容説明

廃墟の遊園地―創業者の幽霊が出る、宇宙人が基地に使っているなどおかしなうわさが絶えない。実はそこには、不思議な少女がひとりぼっちで住んでいた。いよいよ遊園地のとり壊しが決まった年、街では奇妙な現象が続発し小中学校は閉鎖。夏休み。その少女の呼びかけに応じた、孤独な五人の子どもたちが遊園地にやってきた。そして彼らの日記帳から、遊園地をめぐる謎ときが始まる!

著者等紹介

日向理恵子[ヒナタリエコ]
児童文学作家。主な著書に「雨ふる本屋」シリーズ、「魔法の庭へ」(ともに童心社)、「火狩りの王」シリーズ(ほるぷ出版)、「日曜日の王国」(PHP研究所)など

六七質[ムナシチ]
イラストレーター。多くの装画や挿絵を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。