ビッグコミックス<br> ルナハイツ 〈1〉

電子版価格 ¥693
  • 電書あり

ビッグコミックス
ルナハイツ 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 202p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091864246
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

婚約者に逃げられ、せっかく建てた一軒家に一人で住むことになった盟王製紙社員・南條隼人。そんな彼に下された突然の業務命令は“自宅女子寮化”!? ドキドキ必至、女だらけの満室御礼コメディー!!

▼第1話/天国と地獄▼第2話/知らない同志▼第3話/泣いてたまるか▼第4話/いごこち満点▼第5話/気になる嫁さん▼第6話/結婚しようよ▼第7話/おひかえあそばせ▼第8話/気まぐれ本格派▼第9話/赤い激流●主な登場人物/南條隼人(盟王製紙・総務課勤務。結婚を前にマイホームを購入するも、入居直前に婚約者に逃げられる)、大月窓明(おおつき・まどり。盟王製紙・商品開発課勤務)、日高りん(盟王製紙・営業部勤務。ネットオークションの鬼)、茅ヶ崎裕子(盟王製紙・秘書課勤務。合コン幹事に命を懸ける)、土屋重子(盟王製紙・経理課勤務。とにかく喋らない)●あらすじ/新婚生活を一戸建てマイホームで迎えるため、隼人は今日もパンと牛乳だけの昼食で必死に頑張っていた。だが、いよいよ新築の家を引き渡され、二人で中に入ろうと決めた当日、婚約者の友美から突然電話がかかり、婚約破棄を伝えられてしまう…(第1話)。●本巻の特徴/新居でたった一人暮らすはめになってしまった南條。だが、酔った勢いで家を見に来た上司から、ここを女子寮にしてはと提案を受けることに。寂しさのあまり、つい安請け合いした南條だったけど、さっそく次の日から女性社員がどやどや押しかけて…? 

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ものくろ

1
レンタ読み。2019/05/31

hr

0
Kindleの無料本で読了。星里もちるの物語の始め方は、どの作品を思い出しても秀逸で、この作品も引き込まれた。この作品は全4巻らしい。それくらいなら続きを買ってみようか、と思っている。女性の置かれている過酷な立場や、本来あるべき女性の権利について、教えられることの多い作家だ。2020/06/06

pochi

0
(再読)女性四人との同居なんてありがちな設定ですが、そこはベテラン作家らしくよくまとまっていると思います。第一巻はテンポが良いな、なぜこうゆう生活を始めるなる理由やら、登場人物の個性を上手く表現している。2018/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/386514

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。