ビッグコミックス<br> 親父 〈1〉

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックス
親父 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判
  • 商品コード 9784091860415
  • Cコード C9979

出版社内容情報

霊長類最強のオス、親父が濃いフェロモンと父性愛を見せつける、読まずに一生を終える人の気持ちが判らない超ド級コミック!!

▼第1話/帰って来た親父▼第2話/地震・雷・火事・親父▼第3話/死んで貰います。▼第4話/焼野の雉子夜の鶴▼第5話/指一本触れさせん!!▼第6話/野性の証明▼第7話/天下堂々▼第8話/一家団欒●主な登場人物/親父(本名・熊田猛。16年の沈黙を破り、突如家族の前にカムバック。全てがケタはずれの男)、久美子(親父の娘。現在、ヤクザと同居中)、洋介(親父の息子。根性のないヘタレヤンキー)、母(親父の妻。本名・熊田妙子)●あらすじ/親父が帰ってきた。家族が待つ家に。だが、親父が不在だった16年の間に、娘・久美子はヤクザの愛人となり、息子・洋介は根性のない“ヘタレ”ヤンキーになり、母親はオロオロするばかりで……。帰ってくるなり早々、久美子につきまとうヤクザを一撃で倒した親父。驚く久美子と洋介に、母から驚愕の過去が語られる。16年前、親父は一家を守るためヤクザと闘っていた!!(第1話)▼この巻の特徴/16年前、親父たち一家は地上げ屋の標的となっていた。だが、親父は脅しに来たヤクザを叩きのめし、反対に病院送りにしてしまう。怒ったヤクザは、親父の寝ている間に家に放火。親父の家は一気に燃え上がり、子供たちが炎の中に取り残される。眼を覚まし

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

グレ

40
懐かしいなこれ。酒乱親父のドタマば映画『バタリアン』のごとpickax(e)=鶴嘴(ツルハシ)でブッ刺した少年時代の親父、少年刑務所に8年も。次は放火ヤクザ8人を平スコ(ップ)っでバッサバッサと、日本刀すらコキ折りながら首チョンにテケテケと無慈悲に殺しまくる。背中にドスば突き立てられ銃弾3発ぶちこまれてもunstoppable!! 二百ページ2017/12/08

近藤

27
古本屋にて「なんだこのすごい題名と表紙は…」とあぜんとして購入。最初は鬼みたいに強い親父が理不尽に暴れまくるギャグ漫画かな?と思っていたのですが、最終巻の三巻を読み終わった後にはえらく清々しい気分になっていた。美男美女など全く出てこない、悪く言えば貧乏臭い、よく言えば飾らない家族の物語。2017/01/16

たまきら

8
いや~私こういう男子が大好きなんですよ…♡2015/09/29

ぴよ

3
キンドル無料版で。もりやまつるを初めて読んだのは「優情」だったので(http://2chcopipe.com/archives/52030215.html)、てっきり時代劇漫画の人かと思っていた。むしろヤンキーとか不良とかを得意としている人だったんですね・・・。こわいオッサンとかきたない若者を描くのが上手い。「もっと読みたい」と思わされる2016/07/16

13

3
疾風迅雷が借りられていてたまたま手に取った。ら、読みやすくつい読んでしまった。ストーリー展開に期待。 星:3.52013/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/153402

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。