ビッグコミックスワイド<br> Masterキートン 〈6〉 赤き哀しみ

ビッグコミックスワイド
Masterキートン 〈6〉 赤き哀しみ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 414p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784091858269
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

考古学者でありながら、生活のため保険調査の仕事もこなす平賀=キートン・太一。目の前の危険に体を張って立ち向かう彼だったが……!?

▼第1話/帰郷▼第2話/天使の両翼▼第3話/フェイカーの誤算▼第4話/鉄の砦▼第5話/特別なメニュー▼第6話/聖夜の邂逅▼第7話/雪山の審判▼第8話/家族 ▼第9話/カタルーニャに乾杯▼第10話/狂った太陽▼第11話/オプの生まれた日▼第12話/永遠の楡の木▼第13話/赤い風▼第14話/赤き哀しみ▼第15話/空へ・・・▼第16話/靴とバイオリン●登場人物/平賀=キートン・太一(母は日本人、父は英国人、英国国籍所持。オックスフォード大学出身、胡桃沢大学「考古学」講師兼フリーの保険調査員。元SASサバイバル教官) ●あらすじ/旧東独・ベルデミュンデ。キートンは、バーでフランツ・ハルトマンという男に出会う。ちょうどフランツのビジネス・パートナーだったベルガーの死因を調べていたキートン、そしてたびたび何者かに命を狙われるフランツ……。(第1話)。▼スコットランド・ヤードの警察官エドガーは、アレンという警察犬とコンビを組んでいる。しかし名犬使いだった父のようにうまくアレンを扱えない。そんな時の恋人の兄が逮捕されてしまう。エドガーとアレンのコンビは、彼の無実を晴らすことができるのか!?(第2話)。 ●本巻の特徴/第6話では、寄宿舎学校(パブリ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

椿

7
再読だけど、全然覚えてなかった。百合子が登場すると、明るくなるなぁ。「靴とバイオリン」の、最後にスカートをはいてるビッキーが可愛くて切なかったよ。2016/01/30

ブーボ

4
『特別なメニュー』と『空へ』が好き。 KGBの工作員はさすが凄腕2019/08/01

参謀

2
まさか本作で料理まで追跡するとは。登場したのは孫文の月餅です。小豆に干し柿を混ぜたんだとか。ぜひ食べてみたいです。2017/03/05

ちー

2
【再読】「特別なメニュー」が好きです。自分でも豚肉の唐揚げにウイスキー入れてみたりしました。キートンのような違いは分からなかったが(笑)2014/10/07

とし

2
孫文直伝の中華料理の話「特別なメニュー」、キートンが保険のオプになったきっかけ「オプの生まれた日」、靴メーカーの社長と路上の女スリの出会い「靴とバイオリン」など、名エピソード。キートン、かっこいい。2013/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/509088

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。