ジャンプコミックス<br> 逃げ上手の若君 〈2〉 小笠原1333

個数:
電子版価格
¥459
  • 電書あり

ジャンプコミックス
逃げ上手の若君 〈2〉 小笠原1333

  • ウェブストアに33冊在庫がございます。(2024年05月30日 18時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784088827346
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

麦ちゃんの下僕

174
2巻の表紙を飾るのは、諏訪大社の神官にして北条時行の庇護者である「諏訪頼重」…この神々しい姿からは、まさか彼がこの作品におけるメインの“ボケ担当”だとは想像できませんよね(笑) そんな2巻の内容は、諏訪頼重にとっての最大のライバルである信濃国守護「小笠原貞宗」との“仕掛け合い”が大半…鬼ごっこ(=バトル)の“鬼”である貞宗&市河助房が怖すぎます!(←いろんな意味で笑) 一方、京での足利尊氏vs護良親王の構図も明示され、物語は激動の1333年からようやく1334年へ…怒涛の1335年が本当に待ち遠しいです!2021/09/25

雪紫

74
年少は可愛らしく(兄様呼び可愛い)、敵は狂気、気味悪い、バラエティー豊か。キャラだけでも松井先生全開。貞宗が気持ち悪いのに面白合体のやりとりとか、妙に魅力的(しかし、貞宗の声があの人で再現されてしまう。どうしてくれる!)。当時の感覚を現代では。とか笑いを誘える方に誘うの上手いし。しかし、頼重様がみてる。笑う。2021/08/06

寺ですがな。

67
少年時代以来、数十年振りにジャンプコミックスを買っている私。買うとレジのお姉さんに「この中からお好きなコースターを1枚選んで下さい」と言われ、どれも要らないと思いながらも、感じの悪いオッサンだと思われたくなくて、適当に「じゃあこれ」と『ワンピース』のやつをもらった。栞として使ってみたら重宝した。集英社さんありがとう。この漫画、1巻が面白かったので、勢いで鈴木由美『中先代の乱 北条時行、鎌倉幕府再興の夢』(中公新書)を読んでしまった。ネタバレになってしまうのに、躊躇なくあっさりパンドラの箱を開けた私だった。2021/08/08

眠る山猫屋

60
忍者でてきた。なかなかのひねくれ具合。足利尊氏の魔性っぷりがもはや妖神クラスだし、最初の敵となった小笠原たちも邪神眷族に見えてしまう(笑)大塔宮さま好きなんだけどなぁ。大河ドラマ『太平記』を思い起こしながら読むのも楽しい。2021/08/04

yoshida

58
南北朝時代は知らないことばかりで興味深い。二巻は諏訪氏と小笠原氏の争い。足利尊氏の武力と異常なカリスマ性、護良親王を描く。新たに信濃守護に任じられた小笠原氏。弓馬の名手であり、時行と犬追物で争う。諏訪氏の所領を割譲する後醍醐天皇の綸旨を奪いに時行主従が動き、後の忍の萌芽を見る。個人的には護良親王が足利尊氏の暗殺に動く様子が見所。早くから足利尊氏の朝廷への危険性を察知し暗殺を図るも失敗。それどころか、足利尊氏のカリスマ性に周囲の人々は取り込まれる。それは父である後醍醐天皇も同じ。護良親王は非業の死が待つ。2024/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18241636
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。