ジャンプコミックス<br> SLAM DUNK 〈#22〉 1st round

個数:

ジャンプコミックス
SLAM DUNK 〈#22〉 1st round

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ コミック判/ページ数 186p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784088718422
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゼロ

68
インターハイが決まり、各々が想いを重ね、練習に取り組む。安西先生は、過去に白髪鬼と呼ばれる時代があった。矢沢という選手を追い詰め、アメリカに行き、良い逸材を失った。そんな過去があるから流川を日本一の選手にしたいという願いがある。その想いが伝わり、流川は誰にも負けないと誓う。天才・桜木花道は、流川の前では雑魚ではあるが、初心者である分、成長が早い。安西先生とのシュート2万本では、自分なりに吸収しながらも、実力をつけていく。チエコスポーツ店長のバッシュの話もあったりと、試合をしなくても面白いです。2018/07/20

皐月

54
全国大会へ向け、気合いの入った練習に励む湘北高。安西先生の白髪鬼時代の教え子をなくした辛い過去。安西監督に告げられた「日本一の高校生になりなさい」で流川の雰囲気が変わった。全国に行く為に頑張る赤点軍団。ゴリの家で勉強合宿する赤点軍団(笑)静岡合宿あるけど、花道だけ居残りで安西先生とマンツーマンのシュート2万本合宿。安西先生直々に教えてもらえる花道を羨ましがる安西崇拝者二人。ジャンプシュート2万本をやり遂げた花道のバッシュがまた破れる。バッシュの代金を一切要求しない店長良い人すぎる。2016/06/20

exsoy

51
既読・再読。10日でシュート2万本…想像しただけで腕が痛い。2015/03/21

グレ

48
安西先生がデビルだった頃の谷沢の悲劇……USAに行きますとか言う流川、彼の失敗を繰り返すでないぞ。。一方、ゴリに望外のマジスカウト。IHを十日後に控え、一週間の地獄の合宿に赴く湘北Tと、置き去り桜木。その心は…。二足目のバッシュのくだりには久しぶりに笑っちゃいました。ううぅどうなっちゃうのかなあ、IH><2020/02/02

B-Beat

27
★20年前1994年12月31日刊。当時サッカーJリーグは草創2年目のシーズンを終えたばかり。かたやバスケ界ではこのマンガの影響で日本中の少年少女がバスケ部やミニバスチームに殺到した。今から思えば、千載一遇の好機だったとしみじみ。なんとかインターハイの切符を手に入れた湘北チーム。新幹線でいざ決戦地へ乗り込む前の流川、赤木、花道クンそれぞれのバスケに打ち込む事情というか思い入れを描いてみせた。最終の31巻までにこの巻におけるそれら各エピソードが見事に収束していく様は今さらながら見事の一言とあらためて思う。2015/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/568559

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。