ジャンプコミックス SQ.
機巧童子ULTIMO 〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 184p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784088700809
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レリナ

6
ウルティモの能力によって「昨日」へと飛ばされた大和。エコさんからの助言で善と悪全ての機巧童子とぶち当たることを決意した大和。果たしてその旅に終着はあるのだろうか。村山くんがウルティモを危険視するのには訳がありそう。過去へと飛んだ大和は入間を止められるのだろうか。ウルティモの時空移動モードかっこいいな。武井さんは車とか好きだからメカとか描くの慣れてるんだろうな。ダンスタンの野望を打ち砕くべく動き出した大和。悪の機巧童子を全て仲間にするのは至難の技だろうな。どんな結末が待っているのか今から楽しみ。次巻に期待。2015/11/18

チューリップ

2
ループものなのか。エコさんの力で1日前に戻った大和と村山くん。きちんと相手の事を知ろうと大和は平安時代に時間旅行へという展開。これから過去に行ったり未来に戻ったりみたいな話になるのかな。少年秘書なジェラスがツボだった。2017/08/23

Joshua

2
狭山さんよりルネやウルのが可愛いわけだが・・・2010/08/06

黒木シン

1
▼▼引き続きおもしろいな。前哨戦の雰囲気はある。準備段階とも言えるだろう。独特のリズムで、悪の象徴と善の象徴をぶつけ合う戦いが、また始まる。というか、改まる。最初の間違いが百機回向とともに終わり、誤りを知って、空間と時間を飛び越えながら「間違いを知る」ための旅が始まった、とも言えるかな。善人が悪人に「変貌せざるを得なくなる」瞬間のことを考えてしまう。2012/01/18

本音

1
★★★★☆ ウルの能力パネェ。少年秘書なジェラスが可愛かった。相変わらずの「何故そうなる」のやり取りが本当に好きだ。2011/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/617308

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。