ジャンプコミックス
テガミバチ 〈10〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 184p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784088700397
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

masa@レビューお休み中

45
ラグが新たに配属された先は、未配達のまま溜まっていたテガミが山のように積まれている。配達処理を命じられたラグは、必死になって配達するけれど、頑張り過ぎてしまったため、ある日倒れてしまうのです。そして、副館長だったアリアがテガミを配達することになるのです。ここにきて、なぜデガミバチが子供ではないといけないのかがわかります。アリアの「ラグのように純粋にこころを放てる歳じゃないんだから…」という台詞が印象的でしたね。アリアとニッチの異色コンビでの配達も面白いですね。女の争いが、ラグのときとは違って新鮮でしたね。2012/12/06

エンブレムT

43
仕事の出来るイイ女・アリアさんって、お色気担当じゃなかったんだ!?「運動神経がほぼない」・・・!・・・まさかのドジッ娘ですかーーー!!(爆)いやいやいや、アリアさんとニッチの急造配達コンビ、面白かったです!で、アリアさんと本当の相棒ボルトの物語には、胸が締め付けられました。・・・この巻は、絡み合った糸のほどけ具合が絶妙で、同時進行する明暗の新展開が、更に物語を深い謎へと引き込んでいくような感じでした。一抹の不安はあるままですが、とりあえずゴーシュの柔らかな笑顔が見れたので幸せ~♪2011/01/25

kanon

30
人口太陽のあの見開きの絵。なんだあの表現の仕方は!狂気が渦巻いてる。まさかあそこであの絵が出て来るとは思ってもなかったから、度肝を抜かれた。人口太陽と同じように、目を見開いたというか。そしてその狂気と並行して、ゴーシュも目を覚ます。希望と絶望的の対比的な感じなのだろうか。いやでも、これは絶対に違う。どちらも絶望なんだろう。ゴーシュはもう助からない...と。でも、昔のようには戻らなくても、せめてシルベットとラグを思い出したままのゴーシュで居て欲しいよね。いや、まだ決まったわけじゃないんだけれど。次巻も期待!2012/07/08

玉響

25
再読。アリア可愛い♡飛行船が墜落した日、一体何があったのでしょうか⁇ゴーシュとシルベットの再会シーンは感動ですね。でもノワールの可能性もあるなんて…。2014/12/14

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

20
ゴーシュ復活!そして世界を照らす太陽の秘密が少しだけ…この世界の謎が解ける日も近い気がします。2010/08/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/585155

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。