サマーゴースト

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

サマーゴースト

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月17日 13時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 151p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087900613
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

“サマーゴースト"という幽霊が現れるという。
夏、使われなくなった飛行場、花火をすると、彼女は姿を現すらしい。自殺した女性の幽霊なのではないかという噂だ。
ネットを通じて知り合った高校生、友也・あおい・涼。3人は“サマーゴースト"を探すために集まった。
3人は幽霊に聞いてみたかった。“死ぬって、どんな気持ちですか?"それを聞くべき理由が、3人にはあったのだ――。

10代からイラストレーターとして活動し、近年はアニメ、作詞、小説、漫画、と多彩なクリエイティビティを展開する俊英・loundraw。
その初監督の劇場アニメーションを、脚本を担当した乙一(安達寛高)手ずからノベライズ。
『花火と幽霊』をモチーフにした姉妹作のオリジナル小説『一ノ瀬ユウナが浮いている』も2021年11月26日に発売予定。

内容説明

“死ぬってどんな気持ちですか?”俊英loundraw監督の映画を乙一が小説化!!花火と幽霊を巡る青春群像劇。

著者等紹介

乙一[オツイチ]
17歳のとき『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しデビュー。2002年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞を受賞。著書には『ZOO』『きみにしか聞こえない』『Arknoah』シリーズなど。複数の別名義で小説を執筆、安達寛高名義では映像作品の脚本、監督作品を発表している

loundraw[LOUNDRAW]
イラストレーターとして10代でデビュー。『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』など様々な作品の装画を担当。イラスト以外にも、アニメ、小説、漫画、作詞など多彩なクリエイティブを発揮。2019年1月にアニメーションスタジオ“FLAT STUDIO”を設立、劇場アニメ『サマーゴースト』を監督(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

218
乙一は、新作中心に読んでいる作家です。loundraw監督の劇場アニメーションを、脚本担当の乙一手ずからノベライズした幻想青春譚の佳作でした。姉妹作のオリジナル小説『一ノ瀬ユウナが浮いている』も読む予定です。 https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-790061-32021/12/18

美紀ちゃん

115
「死にたい。」それは無気力な若者を生み出す現代社会が悪いと思う。 線香花火の描写が美しい。 3人の不思議な繋がり、信頼しているのがわかる。 お母さんはひどい。 自分のスケッチブックを破った時の気持ちは、サラッと書かれていたが、とても辛かった。 生きていたいという気持ちになって 本当に良かった。 ラストはわかったょ。 涼くん、残念だったけど、 次の場所へ行ってもまた会えるといいなと思う。2021/11/14

☆よいこ

79
YA。自殺系サイトで知り合った高校生の友也と涼とあおい、3人は「サマーゴースト」に会いに行く。飛行場跡で線香花火をすると、二十歳前後くらいの女性の幽霊が現れた。3人は絢音と名乗るゴーストとお喋りをする。事故にあい、それを隠す為に埋められたという彩音の遺体を、友也は探す。虐められて不登校のあおい、不治の病にかかり動けるうちに死にたい涼、母親から支配され絶望の中にいる友也…。死のうと決めているから生きていける3人は、綾音との交流で何かを見つけることができるのか▽絶望に寄り添うことができるのは死のみか2022/03/12

クボタ

67
乙一さんの小説久しぶりに読んだ。短い作品だったが内容の良いものだった。自殺志願の3人の若者が幽霊に出会い物語は進んでいく。最後はハッピーエンドと言える終わり方で面白かった。2021/11/28

あっちゃん

64
映画は知らなかったけど、乙一さん目当てで(笑)自殺志願のサイトで知り合った少年少女が線香花火を灯すと現れる幽霊と…という話!自殺を願う動機は重いものばかりだけど、ソコは上手く重すぎないように描かれた爽やかな内容が良い( ̄▽ ̄)2022/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18775116

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。