原発の、その先へ―ミツバチ革命が始まる

個数:
  • ポイントキャンペーン

原発の、その先へ―ミツバチ革命が始まる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 15時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087815030
  • NDC分類 778.7

内容説明

内部被ばく、原発再稼働、放射能汚染…今、いのちの革命を起こそう。映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の監督が伝える、新しい世界の作り方。

目次

第1章 ヒバクシャ 世界の終わりに(始まりは医療の問題から;湾岸戦争から七年後のイラクで出会った子どもたち ほか)
第2章 六ヶ所村ラプソディー(原発 ハンフォード 六ヶ所村;フラットな視線 ほか)
第3章 ミツバチの羽音と地球の回転(『六ヶ所村ラプソディー』のその後;出口を探して ほか)
第4章 映画と共振する人々(経済の原理と生命の原理;命を大切にする思想 ほか)

著者紹介

鎌仲ひとみ[カマナカヒトミ]
映像作家。早稲田大学卒業後ドキュメンタリー制作の現場へ。90年初作品『スエチャおじさん』監督、文化庁助成を受けカナダ国立映画制作所へ。93年からNYにてメディア・アクティビスト活動。95年帰国、フリー映像作家としてテレビ番組、映画を監督。2003年ドキュメンタリー映画『ヒバクシャ 世界の終わりに』以降、2006年『六ヶ所村ラプソディー』、2010年『ミツバチの羽音と地球の回転』の3部作で被曝と原発の問題を追う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

原発なき世界を、我々はどう創っていくのか
私たちの生活と地続きとなっている原子力の内実、そしてそこから抜けていく考え方や具体的な方法を、著者自身が取材や対話を通じて出会ったスウェーデンや日本の、具体的事例を交えて伝える。