日本を捨てた男たち―フィリピンに生きる「困窮邦人」

個数:

日本を捨てた男たち―フィリピンに生きる「困窮邦人」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年04月26日 23時02分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087814859
  • NDC分類 916

内容説明

居場所を失った日本を捨て、彼らはフィリピンへ飛んだ。待っていたのは究極の困窮生活。しかし、フィリピンは彼らを見捨てなかった。2011年第9回開高健ノンフィクション賞受賞。

目次

第1章 フィリピン人に助けられて(寝場所は教会;困窮邦人 ほか)
第2章 利用された人生(新聞配達員の希望;偽装結婚 ほか)
第3章 逃げ続ける若者(追い詰められて;逃亡犯 ほか)
第4章 海外で失った自由(障害者施設;自己責任 ほか)
第5章 掛け違えたボタン(一直線の人生;キャンディ ほか)

著者紹介

水谷竹秀[ミズタニタケヒデ]
1975年三重県桑名市生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。ウェディング写真専門のカメラマンを経て2004年からフィリピン、「日刊マニラ新聞社」の記者。主に殺人事件や逃亡犯逮捕などの邦人事件、邦人社会に関する問題などの社会部ネタを担当している。2011年、『日本を捨てた男たち―フィリピンに生きる「困窮邦人」』で第9回開高健ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

フィリピンクラブとの出合いが、フィリピンへの逃避行、無一文への転落と5人の男の運命を変えた。今や社会問題となりつつある「困窮邦人」の実態を徹底的にあぶり出す渾身のノンフィクション。第9回開高健ノンフィクション賞受賞作!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件