一度は泊まりたい日本の宿

個数:
  • ポイントキャンペーン

一度は泊まりたい日本の宿

  • 渡辺 淳一【著】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 集英社(2011/02発売)
  • プレミアムフライデーポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 36pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月26日 22時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784087814729
  • NDC分類 689.8

内容説明

憧れの宿には物語がある―作家・渡辺淳一が泊まって見つけた心づくしの宿。

目次

第1章 おおらかな自然に包まれるよろこび
第2章 新感覚の和モダンな宿
第3章 歴史に彩られたクラシックな宿
第4章 美味しい料理、口福の宿
第5章 目的別に選びたい、居心地のいいホテル
第6章 純和風旅館の贅を楽しむ

著者紹介

渡辺淳一[ワタナベジュンイチ]
1933年10月24日、北海道生まれ。札幌医科大学卒業。医学博士。整形外科医のかたわら執筆を始め、65年、『死化粧』で一躍脚光を浴び、70年、『光と影』で第六三回直木賞を受賞。80年、『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第一四回吉川英治文学賞を受賞。2003年、紫綬褒章を、さらに同年、第五一回菊池寛賞を受賞。2011年1月、「天上紅蓮」にて二度目の文藝春秋読者賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

渡辺淳一選、心に贅沢をさせる極上の宿ガイド
作家・渡辺淳一が2年の月日をかけて訪ね、泊まって選んだ日本の宿を、美しい写真とともに紹介するエッセイ&ガイド。一度は泊まってみたい、おもてなしの心に満ちた日本の宿が24軒。