• ポイントキャンペーン

ハプスブルク家の食卓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087812527
  • NDC分類 596.23

内容説明

女帝マリア・テレジアの特製スープ。皇妃エリザベートのダイエット―初めて明かされる華麗なるウィーンの宮廷料理。

目次

第1章 皇帝たちの食卓(ハプスブルク家の夜明け―中世オーストリアの食卓事情;メロンを食べて死んだ皇帝―フリードリヒ三世 ほか)
第2章 宮廷料理の舞台裏(ウィーン宮廷料理の成り立ち;宮廷台所で働く料理人たち ほか)
第3章 華麗なるウィーン宮廷菓子(その歴史;ハプスブルク家の甘い物好き)
第4章 栄華の象徴―食器と銀器の饗宴(磁器・ガラス器;銀器 ほか)

著者紹介

関田淳子[セキタアツコ]
東京学芸大学卒業。民間企業研究所勤務を経て、ドイツ、ミュンヘンに三年間在住。おもにハプスブルク家の人物とその歴史を翻訳活動の中心とし、そのかたわらハプスブルク家に関する講演活動を行っている。シェーンブルン宮殿庭園内の日本庭園における茶会の立案に参与し、2001年秋実現させた。東京都出身