誤解だらけのうつ治療

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087805307
  • NDC分類 493.76

内容説明

「死にたい」のではない。「よりよく生きたい」からうつになる。「医師と薬だけでは、治らない」―うつ病体験のある精神科医とジャーナリストが、本当に回復するうつ治療を探求。

目次

プロローグ
第1章 精神科医に頼るだけでは、うつ病は治らない
第2章 抗うつ薬だけでは、うつ病は治らない
第3章 うつ病患者だって、働いていい
第4章 治療は病院の外でするもの
第5章 うつは「克服しよう」と思わないほうがいい
第6章 うつだからこそ、よりよく生きることができる
エピローグ

著者紹介

蟻塚亮二[アリツカリョウジ]
1947年生まれ。弘前大学医学部卒。精神科医。85年から97年まで弘前市の藤代健生病院院長。うつ病と二回の大腸癌を体験。2004年に沖縄に移住。現在、沖縄県「ノーブルクリニックやんばる」所長、健康文化村クリニック顧問。日本精神障害者リハビリテーション学会理事。かつて東京五輪水泳強化選手

上野玲[ウエノレイ]
1962年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。ジャーナリスト。大学在学中よりフリーランスライターとして週刊誌などに寄稿。35歳でうつになり、現在も治療を続けている。うつ発症以来、うつに関する取材、執筆を重ね、全国各地で「うつ会」を開き、講演なども積極的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)