ダイング・アニマル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 151p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087733969
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

60を過ぎた老批評家ケペシュに美しい乳房を持つ若い愛人ができた。美しい体への執着は、せまりくる老いと生への渇望を想起させ、初めての嫉妬にとらわれる。そして大きな喪失感に苛まれた別れから8年、ふたたび彼の前に現れたとき…。「死にゆく獣」としての男の生と性への執着を赤裸々に描くフィリップ・ロス円熟の代表作。

著者紹介

ロス,フィリップ[ロス,フィリップ][Roth,Philip]
1933年、ニュージャージー州ニューアークで生まれる。父はユダヤ人。1959年、処女作品集『さよならコロンバス』が刊行され、翌年、26歳の若さで全米図書賞を受賞、圧倒的な賛辞につつまれる。その後も一作ごとに新たな作風に挑み、ユダヤ社会を阻害する者に対する反逆、挑戦をテーマにアメリカ社会の繁栄の影に潜む腐敗を見つめている。また鋭い批評精神と博識に支えられた豊かな想像力によって現代文学の先端を行く重要な作品を次々と発表している現代アメリカ文学の重鎮である

上岡伸雄[カミオカノブオ]
1958年東京生まれ。東京大学大学院英文科修士課程修了。明治大学文学部教授。20世紀アメリカ文学専攻