• ポイントキャンペーン

兼若教授の韓国案内―釜山港に帰れません

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784087733877
  • NDC分類 292.1
  • Cコード C0095

内容説明

生きる勇気がふつふつと沸き上がり、もう戻りたくなくなる愛と戦慄と恍惚の空間「韓国」。行ったことのない方、何度も行ってはまってしまったリピーター、ハングルが読めたらいいのにと思っているあなたへの必読書。

目次

1章 アヤオ体操(ま~る描いて縦棒はイ;世宗大王とハングル ほか)
2章 釜山物語(飛行機の中でのハングリーダーへの道;忙しくて入れません ほか)
3章 妓生の愛(風の吹くまま気の向くまま;縁を切るのが日本の伝統 ほか)
4章 木浦の涙(一、二、三は、ハナ、トゥル、セッ!;枕詞は海を渡った? ほか)
5章 ソウルの占い師(馬は済州島に送れ、人はソウルに送れ;地下鉄に乗れ! ほか)

著者等紹介

兼若逸之[カネワカトシユキ]
昭和20年生まれ。国際基督教大学(ICU)卒。大学卒業後、韓国に渡る。延世大学校で博士号取得。韓国誠信女子大副教授を経て、現在東京女子大学現代文化学部教授。NHKTVハングル講座で特異なキャラが人気沸騰。度よりNHKラジオ講座担当。隣国の言葉を読めないのは、おかしいと『ハングル1000万人運動』を提唱
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。