アリス・B.トクラスの料理読本―ガートルード・スタインのパリの食卓

アリス・B.トクラスの料理読本―ガートルード・スタインのパリの食卓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087733099
  • NDC分類 596.23
  • Cコード C0098

内容説明

著者は、サンフランシスコに生まれ、生涯のほとんどをフランスで暮らしたアメリカの作家。ジョイスと並ぶモダニスト文学の巨匠、ガートルード・スタイン(1874‐1946)は、彼女の終生の恋人だった。スタインの手になる『アリス・B.トクラスの自伝』(1933)で世に知られたトクラスが、初めて自ら筆を取った作品が、本書である。ヘミングウェイやフィッツジェラルドの、創作上の師ともいわれるスタインは、詩、戯曲、散文など、文学のあらゆる分野に、新しい地平を拓いたパイオニアであり、セザンヌ、マチス、ピカソなど、20世紀絵画の黎明を告げる画家たちを、いち早く評価していった現代芸術のトレンド・セッターだった。1920年代のパリと、アルプスを遙かに望む南フランスの小村ビリニャンを舞台に、二人の愛の生活と、二人を慕う友人たちの交友を生き生きと描写した本書には、芸術家の食卓を賑わわせた料理の数々が収められている。洒脱なエッセイと、美食家をうならせるレシピの組み合わせで、初版以来、英米で版を重ね、大勢の読者に読み継がれている垂涎の一冊。

目次

芸術家の食卓
フランス料理の伝統
キッチンの殺人
フランスのお宅でごちそうになった料理のかずかず
ポーリーン叔母さんとレイディ・ゴダイヴァに乗っていった料理の話
1934年と1935年に講演旅行をしたアメリカ合衆国の食事
ビリニャンの菜園