犬たち

犬たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 105p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087732160
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

迸る欲情、退廃のエロス。同性愛を超えた衝撃的愛の物語。M.フーコーが匙をなげた悪戯のポルノグラフィ。『ぼくの命を救ってくれなかった友へ』のギベール、小さな恐るべき傑作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nranjen

3
そろそろギベールを読む、または読み直す時期かもしれない。読む前に売り文句が先に裏表紙に貼られていた(フーコーがあきれたって本当?)のに少々幻滅。ギベールは純粋にミラーボールに映し出されたようなポルノグラフィーを作りたかったのではないかと思う。5章(6?)構成。1章だけ得意な犬と男たちのシーンは幻想的だ。それを考えると他も幻想が織り込まれているのかもしれない。男同士の立場の入れ替わり行為は対称的(強度は増す)に展開。それをさらに包み込むように男女の性行為が繰り広げられ、最後に「僕」も加わりフィニッシュする。2019/02/09

渡邊利道

1
ポルノグラフィ。男女の睦み合いを語り手が窃視する場面から始まり、語り手と男の性交、SMへと連なってまるで騙し絵のような複雑な叙述が展開する。身体を縛る紐をつくるためにシーツに描いた点線を、快楽の型紙のような、と形容する。輪郭の思考。2020/08/30

めっちー

0
SM、同性愛、暴力要素の強い小説。場面転換が多くて、若者たちが大量に出てくるところからついていけない。性行為シーンがほとんどで、容赦ないシーンが多い。犬になったところはいただけない。2012/04/26

世玖珠ありす

0
短い、けど難しいシュールな世界。夢とも現実ともつかない世界で、延々と繰り広げられる性行為。SM行為で得る『痛み』だけが現実か?破壊的な性描写の中に著者は何を示したかったのか?2010/03/11

ロバーツ

0
久しぶり読んだギベールの小説。2019/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/188629

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。