ある八重子物語

ある八重子物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 222p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784087728392
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0093

内容説明

「婦系図」「日本橋」「明治一代女」等々新派名狂言、名台詞の数々を配し、爆笑のなかに名優の一生が浮かび上がる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヨーイチ

14
戯曲。発表は二十世紀の終り辺りか。全然記憶にない。余り当たらなかったのだろう。樋口一葉とか漱石を扱っているので、その系統であろうとは想像できる。井上ひさしと水谷八重子の結び付きがちよっと意外。水谷八重子の大ファンばかりの個人病院が舞台。いやこれは町医者だな。戦前の柳橋。考えてみると、どれにも作者の履歴が投影されてない。井上ひさしは山形出身で新派的な情緒とは最も遠い所に居た作家で、そのギャップが見所なのかもしれない。2015/01/22

nightowl

1
戦時下、新派マニアの集う医院での人情物語。人のエピソードでこの遣り取りは○○(作品名)...!!と勝手に喜ぶマニア同士の会話が堪らない。怪異の泉鏡花好きとしてはそんなに「婦系図」も「日本橋」も愛されていたのかと吃驚。時代背景を確認して戸惑うくらい、軽快で微笑ましいほっこりする秀作。女形にも比較的ページを割いている。2021/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/668316

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。