集英社文庫<br> 広場の孤独・漢奸

電子版価格 ¥495
  • 電書あり

集英社文庫
広場の孤独・漢奸

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 238p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087488593
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

朝鮮戦争勃発にともない雪崩のように入ってくる電文を翻訳するため、木垣はある新聞社で数日前から働いている。そこには「北朝鮮軍」を“敵”と訳して何の疑いを持たぬ者がいる一方、良心に基づき反対の側に立とうとする者もいた。ある夜、彼は旧オーストリー貴族と再会し、別れた後ポケットに大金を発見する。この金は一体何か。歴史の大きな転換期にたたずむ知識人の苦悩と決断。日本の敗戦前後の上海を描く「漢奸」併収。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

161
第26回(1951年)芥川賞。 朝鮮戦争時の日本の新聞社を題材に、 東京の植民地風景を描く。 当時の日本の挫折し屈折した心情を 木垣を通して 窺われる。 選評を読むと、評価が高かったようだが、 淡々とした感じで、正直 あまり 人が見えてこない…そんな印象の作品だった。2018/06/10

kaizen@名古屋de朝活読書会

112
芥川賞】戦後の右傾化する新聞社。今まで、なぜこの本を読まなかったか。commitという単語が英語で出てきて、日本語表現をいろいろ試している。commitmentという名詞形も。深く関わることに逡巡する著者。サルトルの話題が出てきて、時代性が分かる。"Stranger in Town"という作品名がでてきて、その意訳として広場の孤独とした作品を書くところで、広場の孤独が終わるところが憎いか、微妙か。漢奸(日本読みかんかん、中国読みハンジェン)は、終戦時の上海。中国人記者が有罪に。2014/10/19

sedentary

12
もし人生に国際情勢が入り込んできたとき、私も何かしらのcommitをいやおうなく強いられるかもしれない。一つの強い信念があれば迷う必要はない。が、さして思想も持たない私は。本書で語られているのは、傍観者のつもりでいたところが実は当事者であることを突き付けられた人々のいびつな葛藤である。戦後、個人は世間の波に呑まれながらも、自らそれぞれのスタンスを考えて決めなければならなかった。題の如く広場の孤独である。世界には逃げてはいけない命題がたしかに存在しているのだ。だれかに読んでほしいと、久しぶりに思った。2015/02/22

kemonoda

6
久しぶりに読みました。「漢奸」は日本敗戦前後の上海、「広場の孤独」は朝鮮戦争勃発時を舞台とした小説です。しかし今読み直してみると、書いてあることはとても現代的というか今日的です。今この時代に読みなおされるべき、読まれるべき小説だと思います。2013/09/18

メガネねこ

6
★★★★☆第26回芥川賞受賞作品。『広場の孤独』は、朝鮮戦争を背景にして直接戦争をしているわけでもないのにアメリカの植民地として戦争下端している日本に生きる人々の思想の揺らぎを描いている。『漢奸』は、敗戦後の上海に暮らす日本人と日本に帰化した中国人を登場人物に戦争の勝敗がいかに世の中の価値を転換していってしまうかを描いている。両作品に通ずるのは、戦争がもたらす社会構造の変態性だ。それがドキュメンタリーのように実にリアルに展開されていると思う。2012/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20716

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。