集英社文庫<br> 怪しい隣人

個数:
電子版価格 ¥495
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
怪しい隣人

  • 小池真理子
  • 価格 ¥528(本体¥480)
  • 集英社(1998/04発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 20pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年11月28日 03時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087487671
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

92
軽く読めるが、少し歪んだ世界。サスペンス劇場の題材には使える。日常生活のさりげない恐怖がうまく描かれている。2010/06/26

mr.lupin

52
小池真理子さんの著書二冊目読了。六編からなるサスペンスの短編集。どの作品もゾクッとくる内容でそれなりに楽しむことができまたブラックかかった結末も良かった。特に「隣の他人」は秀逸だった。小池真理子さん、お気に入りの作家さんの一人になりそうで、是非他の作品も読んでみたいと思った。 ☆☆☆☆☆2019/04/25

カムイ

40
小池さんの作品はたまに読むのだが恋愛小説は読んだことがないのでわかりません、でサスペンスを選んだのがこの本、オー怖っ+ブラックな短編6本です【終の道づれ】【家鳴り】【隣りの他人】3編ともゾッとする何だろう滑っとした背筋を這うような怖さは癖になりそうです、小池さんのホラーサスペンス日常の隙間に忍び寄る人間が歪んでいく様が秀逸だ。2020/10/14

koguma

32
安定の面白さですね。相変わらず古臭いけど(笑) 「寺田家の花嫁」はそうくるか!という展開で一番面白かった。恐怖って身近なところに潜んでいるもんなんだなあ。2016/01/28

へいっち(ت)♪

29
日常に潜む罠。6話の短編。どれもちょっと不気味なラスト。「終の道づれ」は怖いながらもホッとしてしまったかも。そして『寺田家の花嫁』絶対嫁に行きたくない!!2017/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/451390

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。