集英社文庫<br> 危険な食卓

個数:
電子版価格 ¥495
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
危険な食卓

  • 小池 真理子【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 集英社(1997/04発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 25pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月28日 15時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 290p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087486018
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

健康至上主義の妻と美食家の夫の晩餐は、殺意が隠し味の特別料理。(『危険な食卓』)がさつな嫁に耐える姑の、穏やかな顔の下にある、もうひとつの顔。(『天使の棲む家』)妻と夫、姑と嫁、同窓生など、ごく普通の人々の、ありふれた日常に芽生える小さな悪意、裏切りの予感、殺意の兆し。人間の心理を、恐怖というスパイスをきかせて鮮やかに料理した極上のメニュー8編。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

370
表題作を含む8つの短篇ミステリーを収録。最後の2篇はやや傾向を異にするが、それ以外の6篇はミステリーの構造としてはそっくりである。短篇ミステリーの宿命かとも思うが、続けて読んでいると面白さが幾分か減殺されるようである。そうは言っても、各篇それぞれは違った着想からのアプローチが試みられており、作家の想像力の豊かさと工夫の跡は十分に感じられる。8篇の中では、冒頭に置かれた「囚われて」が小説としては最もよくできているように思うが、読者の好みは分かれそうだ。2019/03/22

miyumiyu

98
小池真理子さん初読。日常的に潜む悪意、ふとしたきっかけで起こる殺意を、短編で巧みに描いている。1話目の「囚われて」から引き込まれる。ラストで突き落とされるスリルがあるのは今邑彩さんの短編だが、これは静かなラストとその後を想像してゾッとする。「路地裏の家」「天使の棲む家」「鍵老人」ブラックさがおもしろかった。2016/03/30

アッシュ姉

76
短編の名手が鮮やかに繰り広げるサスペンス8編。日常に潜む悪意や殺意。ごく普通の人々の心の闇がもたらす静かな恐怖。少しの掛け違い、ふとした偶然が引き起こす意外な展開。全編に共通するのは、この人この後どうなってしまうの?という終わり方。結末にヒィィと驚かされ、その後を想像してヒェェと余韻も愉しめます。どれも面白く、甲乙つけがたいなか、思わず同情してしまう「同窓の女」「路地裏の家」が好み。どこか滑稽で少し怖い老人の「姥捨ての街」「天使の棲む家」「鍵老人」がお気に入り。2016/02/19

まこみん

71
嫌な夫の監視からの逃避「囚われて」からラストの表題作迄全8作品、危険な一冊。「同窓の女」疫病神ならぬ疫病男を押付けられた律子のその後も気になるし、「天使の棲む家」の菊子の心仮面が怖い。「姥捨ての街」ハルは本当はきっと惚けてもいなく足も衰えてなんかいなく、もう強か過ぎる!「鍵老人」は途中のハラハラ感とイヤな感じが思わぬラストでホッとした。「危険な食卓」離婚する夫婦の騙し合い。最後に勝つのは… 解説にハズレのない短編集、とあったがその通りでした!2016/04/02

たつき

65
短編集。ありふれた日常を舞台に、夫婦や友達、家族との間に潜む心の闇を描いている。文章が読みやすく、あっという間に世界にのめり込んだ。感じるのはじっとりとした恐怖。だがどの話も予想外な展開があったりハラハラしたり笑えたり、後味が悪い物ばかりではないので面白かった。「囚われて」は夫に束縛される妻。最後のオチにびっくり。「鍵老人」は、或る老人が同じマンションの女子大生に犬の世話を頼まれるが、彼女の部屋の鍵を失くしてしまう。「危険な食卓」は、離婚する夫婦の最後の晩餐が舞台。人間て怖い。2015/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/526822

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。