集英社文庫<br> 神鳥―イビス

個数:
電子版価格 ¥495
  • 電書あり

集英社文庫
神鳥―イビス

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月03日 18時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 270p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087485318
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

夭逝した明治の日本画家・河野珠枝の「朱鷺飛来図」。死の直前に描かれたこの幻想画の、妖しい魅力に魅せられた女性イラストレーターとバイオレンス作家の男女コンビ。画に隠された謎を探りだそうと珠枝の足跡を追って佐渡から奥多摩へ。そして、ふたりが山中で遭遇したのは時空を超えた異形の恐怖世界だった。異色のホラー長編小説。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

308
忘れられた明治の官展派洋画家、河野珠枝の「朱鷺飛来図」に秘められた謎(それは同時にトキ絶滅のナゾでもあったが)を追って佐渡へ、はたまた奥多摩へと物語の舞台を移動させてゆく手法は松本清張の『砂の器』を髣髴とさせる。ただし、こちらは珠枝の絵がそうであったように、いつの間にかリアリズムを踏み越えて幻想空間に迷い込んでゆく。行き止まり感を持ったイラストレーターの葉子と、冴えないバイオレンス作家、慶一郎のコンビネーションはその噛み合わないところがまさに絶妙。エンディングも心憎い演出で、奥行きのあるホラー小説。2017/03/26

カナン

54
白雪を艶やかな血に染めて27歳で夭逝した謎の画家、河野珠枝。数々の浮名を流した彼女が描いた多くの花鳥画の中に其れはあった。「朱鷺飛来図」。夕映えの空を背景に乱れ咲く夥しい牡丹と、その花弁を狙い引き裂こうと舞い降りる薔薇色の風切羽を広げた朱鷺の群れ。精緻なだけで凡庸だと酷評された彼女が最期に描いたのは、それまでの画風とは一線を画す、得体の知れない恐ろしさと寒気を覚えるほどの幻惑的な美を湛えていた。イラストレーターと作家である男女がそれぞれの仕事を切欠に足を踏み込れてしまった世界は、悪夢であり、悲哀の夢幻。→2016/06/01

グレ

51
ヴェネツィアさんの真似をしてみて、【酉年に鳥本】その1である。売れっ子イラストレーターだが32歳でvirginの葉子とハイパーバイオレンス作家・美鈴の凸凹コンビが良い味出しててサクサク読み進められる。今の世ならきっとゲス不倫に溺れてるに違いないインテリ野郎・高崎もちょいちょい出てくる。久しぶりに“結局生きた人間が一番怖い”系でないホラーば読んだ。なかなか楽しめました。Japanese crested ibis=朱鷺=トキ。沖縄の山羊料理は、出来上がりに山羊の血ばザッーと入れる。。朱鷺汁は血の色だという……2017/04/13

エドワード

50
イラストレーターの平田葉子は、人気バイオレンス作家の美鈴慶一郎の作品の装幀を手掛けるため、明治の女流画家、河野珠枝の「朱鷺飛来図」を見る。平凡な写実画が、ふとした瞬間に地獄絵と化す謎。珠枝をモデルに映画を撮影した女性監督の死の謎。絶滅に瀕する朱鷺の謎。奥多摩の寒村へ向かった二人が見たのは、温和な鳥類を一種族まるごと亡ぼした人間と鳥との死闘の幻覚=それこそ珠枝の見た地獄絵だった。真夏が真冬と化す次元の裂け目、怪鳥の幻との息詰まる戦い、SF色豊かなミステリーに、凸凹コンビの珍道中が笑いを添える。2016/08/30

tama

50
図書館本 篠田シリーズ。うーーん。面白くないかっちゅうと、面白い方に入るんだけど、どことなく作りのずさんさが滲むようで。なのに最後まで読ませたのは作者の力量でもあると思う。2014/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547372

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。