集英社文庫<br> 分身

個数:

集英社文庫
分身

  • ウェブストアに41冊在庫がございます。(2021年10月24日 22時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 463p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087485196
  • Cコード C0193

内容説明

函館市生まれの氏家鞠子は18歳。札幌の大学に通っている。最近、自分にそっくりな女性がテレビ出演していたと聞いた―。小林双葉は東京の女子大生で20歳。アマチュアバンドの歌手だが、なぜか母親からテレビ出演を禁止される。鞠子と双葉、この二人を結ぶものは何か?現代医学の危険な領域を描くサスペンス長篇。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

481
2文字の題名からして『宿命』、『変身』に連なる作品といえるが、医学的なミステリがこれら2作の主眼ではなく、それに伴う人間ドラマがメインテーマなのだ。そして本書で描かれるのは母性。どんな子供であっても母は子供を愛するのだという深い母の愛だ。またあのラストシーンに至る構成は作者の狙いではあるのは判るが、そこに至るまでが濃厚だっただけに最後は駆け足で過ぎた感じがするのが残念だ。現在同じネタの作品がいくつか出ており評判となったが、それらに先駆けた本書がさほど評判にならなかったのも、なんだか判る気がする。2010/12/29

Kircheis

373
★★★★☆ 全く同じ容姿をした二人の娘が政治家や研究者によって翻弄されるストーリー。 結構ありふれた話で先の展開が容易に想像される。 でも中にほろりとするエピソードが効果的に混ざってるので飽きる事はない。 エンディングはキレイで、しかし切ない。2019/03/26

zero1

368
もし自分がもうひとりいたら。「ふたりのロッテ」かドッペルゲンガー?札幌に住む鞠子は母親から嫌われていると懸念。その母は火事で亡くなる。一方、東京の双葉はバンドを組んでいたがTV出演を母親から反対されていた。その母親は不審な事故死。自らルーツを探る二人の章が「1Q84」のように交互に描かれることで話は進む。二人の接近は緊迫感があり流石。背景には生命医学があった。93年に出たが倫理上の問題は不変(後述)で、今こそ読むべき作品。結末は【描かない表現】になっている。この選択を私は支持したい。表紙のレモンは象徴的。2020/03/02

どんちん

316
あまり売れなかったようであるが、私はこの手ものは好きだ。ネタはわかっているのが前提で、あとは結末をどうもっていくか?につきると思う。実際、二人がいつどのようなタイミングで出会うか?が焦点だと思う。二人のその後はとても気になるところだが、まずまずのエンディングだと思う。2012/06/18

ダイ@2019.11.2~一時休止

281
二人の主人公の話が交互に展開する。オチは大体想像ついていたものの、そこまでの展開や最後のシーンは流石であった。2013/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574027

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。