集英社文庫<br> 函館物語

個数:

集英社文庫
函館物語

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月24日 07時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 175p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087485172
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

たろいも

9
90年代北海道函館のローカル観光の説明。誰も行かないような、それでも函館の魅力的なスポットを説明。散歩の手引きとしてカラー写真も掲載、わかりやすい。新幹線開通だったか、どんどん発展するけど古い建造物はなくなるんだろかね。2016/03/29

ぽんくまそ

8
「私だけが持っているハコダテという異空間」・・・有名でない古いダム公園にわざわざ行っていて、さすが、と思った。ダムは嫌いだが、あそこは別、ぼくは、巨大芸術が自然の中にあるような威圧を受けた。辻仁成氏も、そうだったか。漁村地区の家の間に日が差して、間から入り江が見える乾いた感じの写真がいい。2015/05/06

☆すずか☆fighters!o(`^´*)

6
昔の函館の様子など、地元の方との対談が特に興味深かった。2017/10/14

読み人知らず

5
今ひとつパッとしない函館ですが、少し行ってみたくなりました2017/11/03

donguri

4
自分にもゆかりのある街。でもこの本の中には知らない函館が広がっていた。この本を持ってまた函館を訪れたい。2009/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/431518

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。